カテゴリー「サッカー」の33件の記事

2012年11月10日 (土)

スペイン語をどれくらい話せるの?

スペイン語を勉強していると言うと、「どれくらい話せるの?」と聞かれることがあります。
どれくらい、って言ってもなぁ、、、と思うのですが、その質問には、


「スペインに旅行に行って、買い物するのに困らないくらい」


と答えています。



でも最近、別のいい例を見つけました。


それは、レアル・マドリード監督、モウリーニョの記者会見。


WOWOWのリーガ・ダイジェストでたまに、試合前後の記者会見の模様が流れるのですが、
会見で話しているモウリーニョのスペイン語が、とってもわかりやすいんです。
外国人が話すスペイン語だからか聞きやすいし、これくらいなら私も話せるんじゃ
ないの?!と思うような、単語や文のシンプルさです。




どんな感じかわかるように上に貼りつけてみました。

でもこの会見、けっこうたくさん、長い文章をしゃべってます。テレビでは会見のほんの
一部しか放送しないので、こんなに長く話してるシーンをちゃんと見るのは私も
初めてです。

いや、もちろん今まで見たことがあるシーンでもよどみなくは話しているのですが、
これよりももっともっと、短くて簡単な文章の時が多い気がします。
昔はバルセロナで通訳してたし、今も監督として選手とスペイン語でコミュニケーションを
とっているはずなので、実はすっごく早いペースでベラベラとたくさん話す人で(←普通の
スペイン人並み)、会見の時は考え考えなのでゆっくりになるのでしょうか?



そして私はこれからは、


「(WOWOWの)モウリーニョの記者会見くらいかなぁ~?」


と答えることにしました。
上の動画と比べるとちょっと(かなり?)大げさなので、モウリーニョを目標にしたいと
思います。

2012年6月22日 (金)

Más Secretos De La Roja

私の愛読誌 Footballista の出版元から、嬉しい本が出版されました。

その名も、「ラ・ロハ スペイン代表の秘密」です。



ソフトカバーでサイズがコンパクトなのがいいです。
内容については、まだ全然読んでいないので何とも言えません(笑)。
でも、原書が本国でベストセラーだそうなので、おもしろいはずです!


そのオリジナル版はこちら(↓)。



こちらはハードカバーでサイズも少し大きめです。通勤電車で持ち歩くにはちょっと不便。
タイトルに「Más」とついていることからもわかるように、実はこれにもさらにオリジナル
版があるのです。


本当のオリジナルはこちら(↓)。

1冊目は2010年W杯前に出版され、今回の「Más」版は2012EUROを見据えて、
W杯の裏話なんかが書き足されているのだと思います。


日本語版とスペイン語版、どちらを先に読もうか悩んでいます。

スペイン語版から読みたいのが本音です。
日本語を先に読んでしまうと、自分で読んだスペイン語のイメージよりも、翻訳された
日本語のイメージが優先されてしまう気がします。
でもスペイン語版から読み始めようものなら、いつ読み終わるのか全く見当が
つきません。EURO期間中に読み終えるのは絶対に無理です。いつまでたっても
読み終わらない可能性もありそう(笑)。


原書をどう読むかも悩みどころです。

英語の原書を読むときみたいに、知らない単語がでてきてもなるべく辞書を引かず、
ざーっと読み流すか、勉強だと思ってある程度の単語は調べながら読むか。

英語はまだスペイン語よりはわかるので、ざーっと読んでも大丈夫なのですが、
それをスペイン語でするには読解力が全然足りません。
と言うか、読解力がつくような長文を読んだことが、今までほとんどないんです。
読んでも、サッカー選手のブログやチームHPのニュース、MARCAの記事とかです。

スペイン語の先生にも相談してみようかな。

2012年6月 7日 (木)

EURO2012 スペイン代表テーマソング

シーズン終了のブログを書く前に、EUROがやってきてしまいます。
今年もまたちょっと、燃え尽き症候群を発症していました(笑)。


でも。


そう、EURO


私にとっては初のEURO!!


超楽しみ!!!
(Villaが出られないのは超残念で、超心配で、超悲しいですけど)



そんなタイミングの今日は、EURO2012 スペイン代表のテーマソングを紹介します。



David Bisbal!彼、好きですー。
テーマソングになっているのは、David BisbalとCali & El DanDeeのコラボです。
きっと元は、Cali & El DanDeeの曲。


それはこちら。動画じゃないですけど。
このバージョンは、六本木のクラブでもかかっています(夜遅くなってくると、
サルサやバターチャ、レゲトン以外の曲もかかるんです)。
アクセス数もすごいです。



コラボの曲のタイトルは"No Hay 2 Sin 3"ですが、もともとのタイトルが"Gol"なんだと
思います。Youtubeで検索すると、この曲とサッカーのゴールシーンを合わせた動画が
たくさん出てきます。


そしてそして、スペイン代表を愛するあなたに贈るバージョンはこちら。

テンションあがりますよね!

南アフリカW杯のときの、シャキーラの"Waka Waka"にEURO2008を合わせた動画も
好きでしたが、W杯はちゃんとテレビで見ていたので、こちらのほうが思い入れが
あります。


日曜夜中のスペイン初戦の翌月曜日、仕事は休みを取りました(笑)。
月曜日からそんな寝不足では、一週間もちません。


¡¡ VAMOS ESPAÑA !!

2012年4月30日 (月)

Etihad StudiamへGo!!

行ってきました、マンチェスター!


というと、ほとんどの人は「へー、マンU見に行ったの?」と聞き返してきます。


ちーがーうー。

マンチェスター・シティーです!!



めっちゃよかった!!


試合前に、スタンドのサポーターが「Blue Moon」の大合唱。

普段テレビではこんなシーンは放送してくれないので、初めて見て(聞いて)感激してしまいました。バルセロナの試合でイムノを歌うときって曲が流れますよね?シティーでは放送音源なしの完全アカペラだった気がするのですが、みんなどうやって同時に歌い始めるんだろう?実は音源があったのかも?曲が、ゆっくりで英語なのがいいです。いっしょに歌えます(笑)。


    (追記) 先日のマンチェスター・ダービーをテレビで見たら、アカペラではありませんでした。
         
ちゃんと曲が流れていました。サポーターの歌声があまりにも印象深くて、流れる曲の
         記憶がなくなっていたのかも(笑)。



旅行の前に書きましたが、なんといっても席がメインスタンド最前列。ダンナが言っていたような、視界に障害物がある問題席ということもなく、クリアービューで観戦できました。こんな感じ(↓)です。

Img_1064_r                      戦況を見守るシルバとアグエロ

上の写真は、試合中にウォーミングアップをしている場面です。
私の心配どおり、二人はこの試合には全く出ませんでした。でもいいんです。

シティーは勝ったし、試合で見るよりも近くでシルバを見られたから!!

ウォーミングアップしてくれてよかった。マンチーニ監督、ありがとう!


"Daviiiiid !!" と声をかけたかったのですが(発音はもちろんスペイン語読みの「ダビド」で)、そんな勇気はありません。

同じ並びにいた男の子が「セルジオ!(←英語発音)」と呼びかけたら、それに気がついたアグエロはその子ににっこり笑いかけて、手を振っていました。子供は使えるな(笑)。
というのは冗談で、このシーンがまた最高によかったです。これこそ写真におさめたかった。


対戦相手でスタメン出場していた宮市の写真も載せておきます。

Img_1050_r_2
                     コーナーキックはすべて宮市が蹴っていました。

思っていたよりも背が高かった気がします。ゴールにはならなかったけどシュートも打ったし、競り合いでも負けてませんでしたよ。
"Ryooooo !!"とも叫びたかったけど、ここはホーム観戦席。シルバの時とは別の意味で、それはさすがにできませんでした。「同じ日本人だから!」と言えば許してもらえたかも?


初のプレミア体験、楽しみました。天気が良くて(寒かったけど)デーゲームっていうのもよかったです。サッカーって、夜よりも明るい日差しの下での試合のほうが見ていて楽しい。また行きたいなぁ。やっぱりプレーしてるシルバも見たい(笑)。



最後におまけの写真。
ランチを食べに行ったパブの入口に置いてあったボード(↓)。

Img_0996_r                    サッカーファンお断り(笑)。

2012年2月 7日 (火)

プレミアリーグの旅

2012年の私的目玉イベントは、イングランド旅行です!

イングランド自体や、旅行中の多くの時間を過ごすであろうロンドンはスペイン語とは全く関係ないんですけど。

でもサッカーつながりなので、旅行記もこのブログにアップしたいと思います。

だって、私が見に行くのは、


David Silva !!!


スペイン人だから、いいんです。

スペイン語とつながってます。

薄いつながり、、、。



航空券も取りました。
おかしいでしょ!とツッコミたくなるほど高い燃油サーチャージを呪いながら。

試合のチケットも取りました。
このために Blue Member になって。
念のため、追加オプションの Ticket Priority もつけました(シーズンも後半戦に入ったので半額になってました、ラッキー!)。


でも心配事が一つ。

ヨーロッパリーグに勝ち進むと、私が見に行く試合の翌週平日に試合が組まれることになるので、リーグ戦で主力が温存されるかもしれないこと。

せっかく見に行くのに温存なんて、いやー!!

じゃあそのELも見ればいいんじゃん?と思って調べてみたら、どうもその試合はアウェイになるようです。ちぇ。


席がまたすごいんですよ。

先行発売開始の時間は用事で外に出ていたので、急いで帰ってきてその2時間後くらいにアクセスしたのですが、メインスタンドの1階1列目の席が1つぽっかりと空いていたので、そこを取っちゃいました!

目線が低いので試合の展開はよくわからないかもしれないけど、気にしない。せっかく行くなら、なるべく選手に近いところで見たいです。声も聞こえそう。ゲームを俯瞰で見るのは、いつもテレビで見てるからいいんです。

でも、なんでここだけ空いてるの?と、ちょっと訝しんでるんですけど。

ダンナに、

いわくつきの不吉な席なんじゃないの?とか、

目の前にポールかなんかが立ってて見えないんじゃないの?とか言われました。

そんなバカな。

行ってみてのお楽しみです。



今回はイギリス英語を一つ。

プレミアチームのHPで試合のスケジュールを見ようとすると、Schedule というタブやアイコンが見つかりません。イギリス英語ではそれを、Fixtures というらしいのです。いくつかのチームのサイトを見てみましたが、みんな同じでした。

試しにアメリカのサッカーリーグ、MLSのサイトを見ると、やっぱり Schedule となっています。

ちなみにスペイン語では、Calendario です。

2011年12月22日 (木)

Villaが、目の前で、ケガ、、、

行ってきました、FIFA Club World Cup 準決勝。
アルサッド対バルセロナ。

私のこの短いサッカー観戦歴の中でも、一番ショッキングな試合でした。


Villaが目の前で怪我するなんて、、、。


とあるサイトの先発予想にはVillaは入っていなくて、えー、と思ってたんですが、怪我するくらいなら準決勝は温存して決勝に出てくれたほうがよかった、、、。今回は見れなくても、怪我なく優勝を体験してほしかったです(涙)。


それを除けば、私の初めてのクラブワールドカップ、楽しめました。

試合は夜なのに、ダンナと二人で一日有給をとってお昼過ぎから横浜入り。


まずは、マリノスタウンに特設のバルサショップに行ったのですが、ものすごーい長蛇の列。特に買いたいものがあるわけでもなかったので、すごいなーと思いながら退散。


次は、横浜中華街で早めの夜ご飯。

事前にちゃんと調べてあった飲茶のお店で、菜香新館というところです。時間が早かったからか空いてました。飲茶もあっさりした味付けでおいしかった!

バルサショップは混んでたし、中華街だし(?)、なんちゃってバルサグッズを売ってるお店とかあるかと思ったら見かけませんでした(笑)。


お腹も満腹になって、いざ日産スタジアムへ!

駅からスタジアムの間には、チームのグッズを売る露天商がいっぱいいました。
サントスもあったけど、ほとんどバルセロナ。そして、売ってる人はスペイン人らしき人びと。どこから来たんだろう、あの人たち?そして、あのグッズは、本物?

Nissan_stadium1                  闇に浮かび上がるスタジアムのライト。テンション上昇中。


途中でユニフォームも着て準備万端!中にはヒートテック・ババシャツ&カイロも持って、寒さ対策も完璧!

席はけっこうよかったです。メインスタンドから向かって手前の左コーナーの1階席でした。だから、前半はバルセロナがこちら側ゴールに向かって攻めてくる感じ。


だから、Villaの負傷が目の前でした(涙)。

目の前で、担架で運ばれていきました(涙・涙)。

そのシーンを、隣の席のお兄ちゃんは写真に撮っていましたが、私は全くそんな気になれませんでした(涙・涙・涙)。

Img_0978                                         メッシのコーナーキック。ブレてますけど。


試合はご存知のとおり、バルセロナの快勝。いつもとはちょっと違う(笑)選手たちのゴールのオンパレード。

異様だったのが、スタンドは日本人ばっかりなので、いつもテレビで聞くようなチャントが全くなくてすっごく静か。プレーの合間合間には「お~!」とどよめきや感嘆の声は上がるのですが、鳴り物も歌声もないのは、サッカーの試合としてはとても奇妙な光景でした。

スペインでもこの静かな観客について記事になっていて、スペインの友達がfacebookにリンクを載せていました。辞書も引かずにざっと読んだだけですが、静かな日本のファンをちょっと皮肉ってる感じ?別のスペインの友達は、この記事はあんまり好きじゃない、とコメントしていました。

唯一、絶え間なく盛り上がっていたのは、やっぱりスペイン人らしき人たちのひと塊の集団。集団と言っても数十人くらいかな。私もあの人たちの近くがよかったです(笑)。

Img_0975                   寒いけどユニフォームでがんばる私。"David Villa 7"


来年も日本開催なので、バルセロナが出てくればまた見に行きます!
バルセロナじゃなかったら、、、レアル・マドリードでも、まぁ、見ようかな。チェルシーも見たい!アーセナルはビミョー。


¡¡Ánimo Villa!!

2011年11月 6日 (日)

3度目の正直、クラブ・ワールドカップのチケット

最終販売でやっととれました、12月のクラブ・ワールドカップのチケット。
準決勝のバルセロナ戦。

チケットゲットへの苦労(ってほどでもないけど)の道筋です。


■1回目:先行発売

「チケットを取る」ということにあまり慣れていない私は勝手に、抽選で当たるものだと思い込んでいました(EUROのチケットがそうだったから)。実は先着順。

10時販売開始だったにもかかわらず、10時半くらいになってダンナと、「どうせなら席はカテゴリー1(一番高いやつ)がいいよねぇ?」、「えー、高くない?」とかノンビリ話しながら申込みしようとしたら、途中で完売に。通信回線もわりとサクサク進んでいたので、ちゃんと時間通りに始めていれば絶対にとれてたよ、、、。


■2回目:世界同時発売

雑誌や新聞でチケット発売の広告がバンバンでてきて大迷惑。
そのせいか、回線が超混雑していて全然つながらない。
その間に、予定販売数完売、、、。


■3回目:最終販売

10月中旬くらいにチケットサイトを見てみたら、最終販売の告知が!
そしてまた、販売開始の週にはその広告が。迷惑!
そんなに広告予算が余ってんの?!

前回の回線混雑をふまえて作戦を変えました。
私は自宅のインターネットで、ダンナはローソンの端末からチェック。
相変わらずインターネットはつながらなかったものの、5分過ぎくらいにダンナから「カテゴリー2が買えそうだから買っちゃうよ」と電話が。Loppi 使える!

3度目の正直でやっとゲットしました。

帰ってきたダンナは、発券した後にまたチェックしてみたらカテゴリー1がまた出てきた、と言っていました。どういう販売方法なんでしょうか?まぁいいです。低いカテゴリーでも前の方の席の可能性もあるし。もうそれは運。

ネットの方は、10時30分過ぎからだんだんつながるようになって、11時でもカテゴリー2と3はまだ残っていました。並びの席ではとれないみたいだったけど。




                     誰かが勝手に作った仮想決勝チームのトレーラー

メッシは絶対に来ると思うけど(本人が出たがりそう+興行的理由)、ビジャも来るかなー?スケジュールがきつそうだけど、ベストメンバーで来てほしいなぁ。

今の悩みは、ユニフォームの上に上着を着ずに、12月の夜の寒空の下に2時間以上どうやったらいられるか。
最近よく広告で見るユニクロのダウン、暖かいかな?

2011年9月23日 (金)

神々のスポーツ、それはフットボール

リーガが始まってすでに1ヶ月。毎週末が忙しいです。

今年はできれば毎週、リーガを2試合は見たいなー。
バルセロナ戦だけ見てても、他のチームの選手とかさっぱり覚えられない。他の試合でもおもしろいのたくさんあるし。

ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2011-2012 シーズン開 (NSK MOOK)← 観戦のお供

そうそう、リーガ2010-11総括に書くのを忘れてました。
私の去年のベストゲームは、第29節の


バレンシア vs セビージャ


バレンシア選手のユニフォームの名前がカタカナで書かれていた、あの試合です。そのカタカナはさておき、両チームともがイケイケで、試合がすっごくおもしろかったです。

シーズンオフになって試合結果はすっかり忘れてしまっていたんですが(!)、いい試合だった記憶だけは残っていたのでまた見てしまいました(オフで退屈だったし)。そしたらやっぱり、またおもしろかった。永久保存版かも。


今シーズンのWOWOWリーガオープニングのスペイン語はわかりやすいですよ!
セリフと一緒に文字が出ます(笑)!


Esto es fútbol: el deporte de los dioses.

Impresionantes los momentos que estamos viviendo.


始め、"que"が聞こえなくて、momentos と estamos の間に関係代名詞がない!と思って画面をよく見たら、小さーく "que" が書いてありました。音にすると"questamos"と続いて「ケ」が聞こえにくいんですね。
でも、そうわかっていても、"que"は聞こえないです(笑)。


この前のチャンピオンズリーグのバルセロナ・ミラン戦を、3時半くらいに起きてネットで見ていたら、ダンナに「その情熱はどこからくるの?」と言われました。


情熱の国からだよ!!


今年も楽しみます。

2011年9月10日 (土)

子供とサッカー対決

友達のうちに遊びに行きました。

ここの息子のCristianくんは大のサッカー好き。Jリーグも見るけど欧州サッカーも大好きで、家でサッカーの話ばかりしていると友達から聞いていました。


Cristianくんは、どこの国のリーグが好きなの?

セリエ

え、イタリア?!スペインは?スペインは攻撃サッカーでおもしろいよー。

でも守って攻めるのも強いよ。おもしろいよ。

、、、そーねー。

イタリアはどのチームが好き?

うーん、セリエは全然見ないんだけど、まぁ長友がいるからインテルかなぁ?Cristianくんは?

ミラン。ユニフォーム持ってるよ。

ミランかー。じゃあスペインではどのチームが好き?

レアル・マドリード。マドリーのユニフォームもあるよ。

えーーー!マジで?おねえちゃんはバルサファンだから、敵だね。

イングランドはどこが好き?

マンチェスター・シティ

え?ユナイテッドじゃなくて?マン・シティーなの?

シティ!絶対シティー!え?Cristianくんは?

マンチェスター・ユナイテッドだよ。強いよ。

、、、。


全く意見が合いませんでした、、、。唯一の共通点は、Jリーグでは浦和レッズファンだということ。

おねえちゃんが今度、バルサかスペイン代表のレプリカユニフォームを買ってあげます!

ちなみに、Cristianくんの母である友達はサッカーに全く興味がなく、「クリスティアーノ・ロナウドはカッコイイよね」と言っていました。そこか!

2011年8月 7日 (日)

Jリーグ観戦 浦和 vs 神戸

リーガがまだ開幕しないので、Jリーグを見に行きました。

私は浦和にもレッズにも縁もゆかりもないのですが、ダンナが縁もゆかりもあるので、Jを見に行くのはだいたい浦和レッズです。いつも思うけど、遠いよ、、、。我が家はサッカーも野球も、見に行くのは埼玉。東京都民なのに。

さいたまスタジアムは遠いけど、やっぱりレッズはいいです。
つい、サポーターの応援に注目してしまいます。

ホーム側ゴール裏のサポは、掛け声も、歌声も、拍手も、感心するほどぴったり合っています。あんなに大勢いるのに、スゴイ。

Img_0958                             前の席の人の頭が、、、


この日の試合は、後半ロスタイムのPKに泣きました。
レッズ応援席は、そのPK判定に大ブーイング。
試合後に選手たちが応援席に向かって挨拶しに来たときも、あんなPKなんか気にするな的な励ましの声援をかけていました。


そうそう、ちょっと笑ってしまった出来事が。

近くの席に一人できている30代くらいの男性がいて、ミスした選手や審判に対して文句を言ってるんですが、聞いてるこっちが不愉快になるようなセリフばかり。でもこの人、基本的にきっと一人では何もできないタイプで、言った後に必ず周りをチラッとみたり、周りからの賛同を期待している様子。でも誰も相手にしない(笑)。

試合の後もPKに不満アリアリで、主審に対して罵詈雑言を発していました。
ちょっと離れた席にいた、言葉は厳しいけど選手たちにエールを送っていた別の男性に近づいて、

「あのPK、おかしいっすよねぇ?みんなで抗議に行きましょうよ!」

なんて話しかけています。
声をかけられた人は迷惑そうに苦笑いで、彼とは目も合わせず、テキトーに流していました。
他の周りの人にも同じように話しかけるのですが、だーれも相手にしていませんでした。


スペイン語のブログですが、この試合では全くスペイン語は見かけず。
7月に見た川崎 vs 柏の試合では、柏の応援席に掲げられていた横断幕にスペイン語のものがあったので(↓)、オマケに載せておきます。小さくて見えないかなー。

Img_0942                  中央の白い横断幕に、"LA GLORIOSA KASHIWA"


川崎の応援もいいですよ。
選手の写真というか、似顔絵みたいなフラッグが浦和より多かった気がします。家族連れもたくさんいました。
レッズサポの応援は組織的で統率されていてスゴイですが、スゴすぎてちょっとコワイ、、、。その点フロンターレは、もっと和やかというか、見ていて楽しそうです。

Img_0946                          水色のチームカラーが涼しげ


実は、上の写真のサポーターの中に友達がいます。めちゃめちゃフロンターレ好き。
この日のチケット(+応援グッズいろいろ)もアレンジしてもらいました。

好きなチームの応援に行けるって、ちょっと羨ましいです。バルセロナにはそんなに行けないからなー(笑)。

Jリーグも楽しいです。

PERFIL

  • ■名前■
    Timoです。よろしく。
  • ■好きなこと■
    のんびりスペイン語を勉強する。   楽しくキューバン・サルサを踊る。    熱くサッカーを見る。

LETRA

  • musica.comへ
    どんなジャンルもおまかせ
  • lyrics.timeへ
    歌詞だけじゃありません

LUGAR PARA ESTUDIAR

FÚTBOL

  • リーガ・エスパニョーラへ
    リーガ・エスパニョーラ
  • RFEFへ
    スペイン代表

  • 歯科医院向け開業税理士
    W杯ブラジル大会 カウントダウン
無料ブログはココログ