カテゴリー「教材」の21件の記事

2012年1月 9日 (月)

めずらしく、オシャレ系スペイン語本

なんとなくぶらりと立ち寄った、本屋さんの語学コーナー。

いつもはそんなに目新しいものはないのだけれど、その日はありました。
スペイン語の勉強本にしてはめずらしい、オシャレ系です!


バルのスペイン語

    バルのスペイン語
    秦 真紀子
    三修社   1,500円(税抜き)


しばらく前にココログのアフィリエイト機能がなくなってしまったので、ブログ内で本やCDの紹介がしにくくなってしまいました。それでお金儲けは全くしていないので本来のアフィリエイト自体はなくてもいいんですが、ブログの表記としては不便、、、。


以前紹介した、スペイン語以外のオシャレ系本の中のシリーズです。最近、本当にこのシリーズをよく見かけます。

そして著者は、バルセロナのオシャレ系ガイドブックの人です。

いやー、やっとスペイン語も路線修正して来ましたね(笑)!

題材が「バル」となっているだけあって、メニューの訳や注文する時の会話がメインになっています。バルの中や食べ物の写真も満載で、きれいで見ているだけでも楽しいですよ。スペインに行ったことのない人はきっと、行きたくなるんじゃないかなぁ。

コラムで食文化が紹介されていたり、必要最小限のかるーい文法の説明も入っています。「バル」だけでよく1冊もつなと思ったのですが、とっても丁寧に書かれています。

応用編のページに「バルとサッカー」というコラムがあるのを発見!
バルで他のお客さんと盛り上がるのも楽しそう。いやー、でもせっかく行くならやっぱり生で見たいよねー、なんてまた妄想が膨らんでしまいました。

2011年7月 6日 (水)

基本文法から専門用語まで

久し振りにスペイン語の勉強本を買いました。
3冊まとめて大人買いです。

今持っている本も、全部をちゃんと読んで勉強したわけではないんだけど、本屋さんでよさそうなものを見つけると買っちゃうんですよね。


まずは、帯に初心者から中級者向けと書いてあった文法本。

スペイン語文法ハンドブック スペイン語文法ハンドブック

著者:上田 博人
販売元:研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

正統派文法本、という感じで、レッスンで習ったことを復習するのに良さそうです。実はこういうの、探してました。あまりに細かすぎず、でも初心者向けのようにざっくりとしすぎず、コンパクトで、ささっと調べられそうなもの。


次はお遊び系(?)の、スラング辞典。

現代スペイン語俗語・慣用語集 現代スペイン語俗語・慣用語集

著者:榎本 和以智
販売元:南雲堂フェニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Facebookでスペイン人の友達が、たまにスラングっぽい表現で書いてきます。レッスンの先生に聞くと、そんなのどこで見たの?と笑われます。

スペイン語のスラングで面倒なのが、国によって全然違うこと。スペインでは普通に使ってる単語なのに、アルゼンチンではシモネタ語とか。メキシコは、世界的に見てもスラングの数がすごく多いと聞いたことがあります。


最後は専門用語集です。

〈西・日・英対照〉ビジネス・メディア・IT用語辞典―ビジネス・時事に役立つスペイン語 〈西・日・英対照〉ビジネス・メディア・IT用語辞典―ビジネス・時事に役立つスペイン語

著者:木村 建一
販売元:南雲堂フェニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私的にはたいして興味のある分野ではないんですが、日本で働きたいと言っているスペインの友達が大学でコンピューターエンジニアリングを専攻しているので、買ってみました。今度会うときプレゼントしようかな。

スペイン語から日本語・英語へ、日本語からスペイン語・英語へ調べられるようになっています。英語がついてるのが、なんとなく便利そうです。


実は、ずっとほしいと思って探している本があります。その名も、

サッカーを愛する人のスペイン語

絶版です。
アマゾンでも取り扱っておらず、ダメ元で本屋さんで注文してみましたが、やっぱり絶版で在庫がないと言われました。

でも、サッカーに興味を持つ前、いつものように本屋さんでブラブラと物色していた時に見たことある気がするんですよね、サッカー関連のスペイン語本。これだったのかなぁ?あ~、買っておけばよかった、、、。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2009年5月11日 (月)

スペイン語検定6級

6月にスペイン語検定の6級を受けます。

正式名称は「スペイン語技能検定」というらしいです。「技能」なんて、ちょっと大ゲサな感じがするのは、私が6級レベルだからでしょう、、、。

2月くらいにはすでに受験を考えていて、あわよくば5級も同時に受けてみようかな、なんて思っていましたが、5級では過去形が出題されるんです。今ちょうどレッスンが過去形の真っ最中で、現在完了・線過去・点過去が混乱してきたので、5級は次回(今回、6級が受かればね、、、)にします。

教材は、あまりボリュームのないものを選んで、これにしました。

スペイン語技能検定5級・6級問題集 スペイン語技能検定5級・6級問題集

著者:坂東 省次,橋本 和美
販売元:南雲堂フェニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

たくさんある問題集の中ではかなり薄めで、ささっと復習するのにちょうどいいです。100%問題集なので、参考書のような文法のまとめのようなページは全くありません。回答の解説として簡単に書かれているくらいです。

難点は、5級の範囲も含まれているのですが、6級と5級の章の区別がつかないことです。例えば、12章が点過去になっていて、23章は関係詞です。関係詞は現在形でも使うから6級でも出るよねぇ、と思うんですが、章が後ろの方なので5級ってこと?と、よくわかりません。別の問題集で確認(←立ち読み)したほうがいいかもしれません。

本屋さんに行くと、頻出単語集なんかもたくさん出ていて、これだけで足りるかなとちょっと心配ですが、単語集って、勉強していても楽しくないんですよねー。語彙が重要なのはもちろんわかるし、ある程度のレベルに達するまでは丸暗記も必要だとは思うんですが、「単語集」というのはどうも私には合わない気がします。

受験は書店で申し込みました。その申込書の貧弱さ(←ごめんなさい!)に、この試験(というか、スペイン語)のマイナーさを感じずにはいられませんでした。英語と比べるのは酷ですが、英検やTOEICのようなシステマティックな感じは全くなく、「これ全部、手作業で処理するんだろうなぁ」と、事務局に人に同情を覚えてしまいました。いや、手作業が苦にならないほどの人数しか受験しないのかも、、、。

うかうかしている間に、気がついたら受験まであと1ヶ月ちょっとしかありません。GW中も全然勉強してないし。明日からまた、出勤前の朝勉を始めます。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2009年3月 4日 (水)

動詞の練習帳

すでに3月になってしまいましたが、スペイン語の勉強を始めて1年以上がたちました。あきっぽい私にしては続いていることと、わりと熱心に(ホント?)勉強しているのが意外です。それ以上に、このブログも続けていることは、まさに奇跡のようです。

そんな私ですが、2月からこのテキストを使っています。去年の春ごろにNYで買ってきて、やっと日の目を見ました。

Practice Makes Perfect: Spanish Verb Tenses (Practice Makes Perfect) Practice Makes Perfect: Spanish Verb Tenses (Practice Makes Perfect)

著者:Dorothy Devney Richmond
販売元:Ntc Pub Group
Amazon.co.jpで詳細を確認する

テキストというよりも、練習問題中心なのでワークブックと呼んだほうがいいでしょう。動詞の用法について解説があって、その後に、短い文をスペイン語で書き込むようになっています。Ser, Estarから始まって、SaberとConocerの違い、現在形はもちろん未来形など、動詞だけで1冊になっているだけあって、けっこうなボリュームです。

動詞の練習にはもちろんなりますが、文章を書くので、その文に出てくる単語も少しずつ覚えることができます。

難点は、洋書なことです、、、。英語が苦にならない方、スペイン語と英語を同時に勉強したい方にはいい教材だと思います。

出勤前の毎朝30分くらい、これで勉強しています。自分でも、いつまで続くか、、、と思って始めたんですが、1ヶ月以上も続いています。

スクールのレッスンではまだ点過去を勉強していないので、このペースだと追いついてしまうかもしれません。でも実は、この本には動詞だけではなくて他のバージョンもあって、そのうちの1冊をすでにゲットしてあります。それについては、勉強を始めてからまた紹介したいと思います。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2008年12月 4日 (木)

オチがわからない!

とっておきの勉強方法を始めました。、、、、と言っても、ただスペイン語の本を読むことなんですけど。

でも本を読むのって、外国語の勉強には実は一番効果があるんじゃないかと、個人的には思っています。

巷でもよく言われていることですが、私も英語のペーパーバックを読むときには、知らない単語が出てきても辞書はめったに引きません。ある程度の(『どの程度』だったらいいのかが、客観的に難しいところなんですが)単語力があれば、ストーリーは追っていけるし、知らない単語でもなんとなく意味が推測できるものもあるし、単語を目で見ているだけでもいつの間にか覚えたりします。

私は「ハリー・ポッター」シリーズが大好きで、原書で全巻読んでいて、しかも巻によっては3回くらい読んでいるものもあります。でも、細かい単語レベルにすると、理解度は50%くらいなんじゃないかと思っています。それでもおもしろく感じるんです。

今回読み始めた本はNYで買ってきたもので、スペイン語初心者用のものです。

First Spanish Reader: A Beginners Dual-Language Book (Beginners' Guides) First Spanish Reader: A Beginners Dual-Language Book (Beginners' Guides)

著者:Angel Flores
販売元:Dover Pubns
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最初の方は1話が2ページくらいの長さで、後半になると5ページくらいの小話がたくさん載っています。見開きの左側にはスペイン語、右側には英語で書かれているので、英語の得意な人はいざとなったら英語で内容が確認できます。

でも私は、スペイン語で読んでわからなくても、英語の方をみる勇気がありません、、、。それをしてしまったら、2度目に読んだ時にスペイン語で理解しようとしても、英語のストーリーの方がよみがえってきて邪魔になりそうだからです。なのでハリー・ポッターも、よくわからないなと思う部分は日本語版で確認したいと思うんですが、できません。

巻末には単語一覧があって、英語で意味を調べることができます。英語の原書では辞書を引かない私も、さすがに今のスペイン語レベルでは知らない単語が多すぎるので、この一覧は便利です。いちいち電子辞書を持ち運ぶ必要もありません。

各小話のラストにはなにかしらの「オチ」がついています。5話目を読み終わったところなんですが、この5話目のオチがイマイチ理解できなくて悩んでいます。「オチが理解できない」というよりも、「何がオチなのか」がわかりません。ついつい隣のページの英語を読みたくなる衝動にかられますが、まだガマンしています。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2008年9月 1日 (月)

勉強でネット中毒

私がよくお邪魔しているマリさんのブログ で紹介されいていたLivemochaというサイト、マリさんもオススメしていますが、本当にとってもいいです!

フラッシュカードのような写真を見ながら単語を憶えていくのは、RosettaWorldと似ていますが、なんと言っても、オンラインで世界中の人といっしょに勉強できるのはすばらしいです。

今日も、仕事から帰ってきて夕飯の準備をしつつ、ちょっと練習問題を進めようとしていたら、チャットの申込みがきました。

お相手は、スペイン語を勉強している英語ネイティブのフィリピン人の男の子。グローバルです、、、。勉強を始めてまだ2ヶ月らしいのですが(Intensiveコースで、一日中勉強しているそうです)、すでに過去形も未来形も使えるとのこと。私なんかまだ現在形の活用で右往左往してるのに(涙)。

英語のほうがスラスラ書けるんだけどなぁ、と思ったものの、彼はスペイン語で書いてきます。お互い勉強してるんだから当たり前か、、、。じゃなかったらイミないし。

単語力も文法力もないままチャットするって、かなり大変です。キンチョーします。電子辞書があってよかった!!過去形が使えないので、現在形の後ろにカッコ書きで英語の過去形を忍ばせてみたりしました。最近、単語カードを作って通勤中に動詞の活用を暗記しているのですが、憶えたと思った単語がこういうときにサラッと出てきません。でもこのサイトで勉強を続けたら、ものすごく力がつきそうです。モチベーションもテンションも上がります。

ネット中毒の予感、、、。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2008年7月30日 (水)

語彙を増やそう

文法も大事ですが、平行して語彙を増やさないとなーということで、新しい勉強本を買いました。

今すぐ話せるスペイン語単語集 (東進ブックス) 今すぐ話せるスペイン語単語集 (東進ブックス)

著者:カルロス モリーナ,奥田 義郎
販売元:ナガセ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

単語用の本だけでもかなりの種類がありましたが、重視したのは以下の4点。

① アルファベット順ではない

② 単語だけではなく、例文も載っている

③ CD付き

④ 基礎的なもので十分

先ほどiPodにも入れたので、通勤時間にテキストを見ながら聞くことができます。目と耳、できるだけたくさんの五感を同時に使ったほうが効果的なハズ!でも電車の中ってうるさいので、あまり聞こえないんですよね、、、。

今も聞きながら日記を書いています。聞き流しているだけなので「勉強」にはなりませんが、耳を慣らすだけでもいいのです。

近所の書店では英語以外の教材はかすかにある程度なので、物色にはいつも新宿へ行きます。スペイン語だけでも棚ひとつ分くらいの本があって、探しごたえがあります。

NYから帰ってくる前、日本の書店にどれくらいのスペイン語教材があるのか見当がつかなかったので、辞書1冊、ワークブック2冊、初心者用小説1冊を買ってきました。でも日本の書店もアメリカに全く負けていません!もしかして日本の方が多い?と思うくらいです。日本人は本当に外国語の勉強が好きなんですねぇ。

NYで買ってきたもう一つの理由に、教材が「英語でスペイン語を勉強する」ようにできているので英語の勉強にもなる、ということがありました。でも、、、。やっぱり日本語でやったほうがラクです~。それしかないのならまだしも、もっとラクにできる日本語のがあるのに、わざわざ英語でスペイン語を勉強しようというガッツは私にはありません。

語彙を増やすだけならまず、手持ちのNHKテキストから始めるのが正論なのはわかっているのですが、なにか新しいものがほしかったんです、気分転換に。これ以上の浮気はしません、、、たぶん、、、。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2008年6月25日 (水)

電子辞書ゲット

電子辞書を買いました。家電量販店に見に行ったり、ネットで評判を調べたりして時間がかかってしまいました。

買ったのはEx-wordです。

CASIO Ex-word  電子辞書 XD-SP7500 スペイン語モデル メインパネル+手書きパネル搭載 ネイティブ+TTS音声対応 CASIO Ex-word 電子辞書 XD-SP7500 スペイン語モデル メインパネル+手書きパネル搭載 ネイティブ+TTS音声対応

販売元:カシオ
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実は、店頭ではセイコーのほうが使いやすそうと感じたのですが、内蔵辞書のセレクションでカシオに決めました。

これでやっと、英・西辞書のめんどくささから脱出できるのが嬉しいです。スペイン語の意味を調べるのはまだいいのですが、日本語をスペイン語にしたいときにはまず日→英を調べ、それから英→西と、2段階を踏まなくてはいけなかったのは本当に面倒でした。

語数も段違いに増えたので、以前調べてわからなかった「双葉」もちゃんと載っていて、「dos cotiledones」とあります。すごいです。

難を言えば、少々ゴツくて持ち運ぶとバッグの中でちょっと邪魔なことです。最近の電子辞書はみんなこれくらいのサイズ・重さなので、これが悪いわけではないのですが、私が今まで使っていた英語の電子辞書がとてもコンパクトサイズなので、まだ見慣れません。

ところで、電子辞書の画面はどうしてどの機種も一色なんでしょうか?紙の辞書はたいてい2色刷りですよね。ケータイ電話はあんなに小型でも、カラーがとってもキレイです。電子辞書だって、せめて赤文字だけでもあればもう少し見やすくなるんじゃないかと思うのですが、そんな需要はないんでしょうか。

でも実は、私はアナログな紙派なのです。もしかしたらそのうち「やっぱり紙のほうが見やすいよね~」と言って、書店に駆け込むかもしれません。でもそれはそれで、持ち運びできる電子辞書は重宝すると思うので、買って満足です。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ

2008年6月 2日 (月)

動詞・虎の巻

帰国して今日でちょうど1ヶ月。現在、就職活動中で毎日ヒマなので、動詞の勉強なんかを始めてみました。NYにいたときにAmazonで買っておいたテキストです。

Practice Makes Perfect: Spanish Verb Tenses (Practice Makes Perfect) Practice Makes Perfect: Spanish Verb Tenses (Practice Makes Perfect)

著者:Dorothy Devney Richmond
販売元:Ntc Pub Group
Amazon.co.jpで詳細を確認する

始めたばかりでまだ1ページしか進んでいませんが、やっぱりこういう「元」になるものがあると勉強しやすいです。自分ひとりで書き取り練習しようと思っても、なかなかうまく進みませんから、私の場合。

あと、こんなものも買ってみました。

501 Spanish Verbs (Barron's Foreign Language Guides) 501 Spanish Verbs (Barron's Foreign Language Guides)

著者:Christopher Kendris,Theodore N. Kendris
販売元:Barrons Educational Series Inc
Amazon.co.jpで詳細を確認する

501個の動詞の活用が、一つずつ1ページに一覧になっています。書店ではこの手の動詞辞典みたいなものは何種類もあって、選ぶのに悩んでしまいました。301っていうのもあったなぁ。でもなぜかだいたい、「○○1」なんです。本の大きさ、印刷の色、一覧の見やすさなんかを考えてこれに決めました。

教材はバッチリ揃っています。あとは私がそれを活用できるかどうか、、、。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2008年5月29日 (木)

ラジオのオープニング・テーマ曲

NHKラジオ「まいにちスペイン語」のオープニング・テーマ曲が好きです。

ポップな曲調で声がかわいく、朝っぱらからうるさい音楽を聴けない私にとってはちょうどいいノリです。ネットで検索してみましたが、何というタイトルなのか、誰が歌っているのか、ヒットしなくてわかりませんでした。

それどこか、私には歌詞もわかりません。早口で歌ってるわけではないのにわからないのは、単語自体を知らないのか、リスニングにまだ慣れていないからなのか、、、。

しょうがないので、番組タイトル「エリのドキドキ☆スペイン留学」の「ドキドキ」というところだけ、Martaさんの声に合わせていっしょに口ずさんでいます。ちょっとさみしい、、、。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

PERFIL

  • ■名前■
    Timoです。よろしく。
  • ■好きなこと■
    のんびりスペイン語を勉強する。   楽しくキューバン・サルサを踊る。    熱くサッカーを見る。

LETRA

  • musica.comへ
    どんなジャンルもおまかせ
  • lyrics.timeへ
    歌詞だけじゃありません

LUGAR PARA ESTUDIAR

FÚTBOL

  • リーガ・エスパニョーラへ
    リーガ・エスパニョーラ
  • RFEFへ
    スペイン代表

  • 歯科医院向け開業税理士
    W杯ブラジル大会 カウントダウン
無料ブログはココログ