カテゴリー「旅行・地域」の25件の記事

2012年4月30日 (月)

Etihad StudiamへGo!!

行ってきました、マンチェスター!


というと、ほとんどの人は「へー、マンU見に行ったの?」と聞き返してきます。


ちーがーうー。

マンチェスター・シティーです!!



めっちゃよかった!!


試合前に、スタンドのサポーターが「Blue Moon」の大合唱。

普段テレビではこんなシーンは放送してくれないので、初めて見て(聞いて)感激してしまいました。バルセロナの試合でイムノを歌うときって曲が流れますよね?シティーでは放送音源なしの完全アカペラだった気がするのですが、みんなどうやって同時に歌い始めるんだろう?実は音源があったのかも?曲が、ゆっくりで英語なのがいいです。いっしょに歌えます(笑)。


    (追記) 先日のマンチェスター・ダービーをテレビで見たら、アカペラではありませんでした。
         
ちゃんと曲が流れていました。サポーターの歌声があまりにも印象深くて、流れる曲の
         記憶がなくなっていたのかも(笑)。



旅行の前に書きましたが、なんといっても席がメインスタンド最前列。ダンナが言っていたような、視界に障害物がある問題席ということもなく、クリアービューで観戦できました。こんな感じ(↓)です。

Img_1064_r                      戦況を見守るシルバとアグエロ

上の写真は、試合中にウォーミングアップをしている場面です。
私の心配どおり、二人はこの試合には全く出ませんでした。でもいいんです。

シティーは勝ったし、試合で見るよりも近くでシルバを見られたから!!

ウォーミングアップしてくれてよかった。マンチーニ監督、ありがとう!


"Daviiiiid !!" と声をかけたかったのですが(発音はもちろんスペイン語読みの「ダビド」で)、そんな勇気はありません。

同じ並びにいた男の子が「セルジオ!(←英語発音)」と呼びかけたら、それに気がついたアグエロはその子ににっこり笑いかけて、手を振っていました。子供は使えるな(笑)。
というのは冗談で、このシーンがまた最高によかったです。これこそ写真におさめたかった。


対戦相手でスタメン出場していた宮市の写真も載せておきます。

Img_1050_r_2
                     コーナーキックはすべて宮市が蹴っていました。

思っていたよりも背が高かった気がします。ゴールにはならなかったけどシュートも打ったし、競り合いでも負けてませんでしたよ。
"Ryooooo !!"とも叫びたかったけど、ここはホーム観戦席。シルバの時とは別の意味で、それはさすがにできませんでした。「同じ日本人だから!」と言えば許してもらえたかも?


初のプレミア体験、楽しみました。天気が良くて(寒かったけど)デーゲームっていうのもよかったです。サッカーって、夜よりも明るい日差しの下での試合のほうが見ていて楽しい。また行きたいなぁ。やっぱりプレーしてるシルバも見たい(笑)。



最後におまけの写真。
ランチを食べに行ったパブの入口に置いてあったボード(↓)。

Img_0996_r                    サッカーファンお断り(笑)。

2012年4月22日 (日)

見つからなかったエディンバラサルサ

エディンバラで、本当はもう一つ行きたかったサルサレッスンがあります。

Wash Barで知り合った人が別のところでサルサを教えていている人で、ちょうどその翌日(月曜日)にレッスンがあるとのこと。たまたま持っていたのか案内のフライヤーもくれたので、ホテルでスマホで調べてみました。


話はそれますが、いやー、海外旅行中のスマホって便利!!


今回の旅行は、本当にそれを感じました。

きっとケータイでも十分便利なのでしょうが、私はケータイのネット接続は国内でもほとんど活用していなかったので、海外ローミングなんてハードル高すぎ。でもスマホはWiFiが使えます。これがもう、大活躍。

この旅行で泊まったホテルはどこもWiFi完備で、部屋では快適にネット接続できました。レストランを探したり、サルサクラブを検索したり、現地で調べられたおかげで旅行がさらに充実しました。街にもたまに、無料でWiFi接続できるカフェもありました。


Google Mapで場所を調べて、UK2回目のサルサへいざ出陣!

Google Mapで画面上に表示しておいた地図は、WiFiがつながらなくなっても見ることだけはできます。もちろんその時も3Gも使っていません。

ホテルからけっこうな距離があって、早足で30分くらいは歩いたでしょうか。観光エリアから離れるのでちょっと不安でしたが、なんとか地図でポイントされたあたりに到着。でも、番地が見つかりません。


なんで?なんでこの番地がないの??


誰かに聞こうにも人通りも全くなく、あたりのブロックを2往復くらいウロウロしたのですが、なぜか見つかりません。HPに行き方も書いてありましたが、地図があれば大丈夫でしょと思ってあまりちゃんと読んでいなかったし、書き留めておきませんでした。そんなに複雑な場所なんだっけ?大失敗!

そうこうしているうちにレッスン開始の時間は過ぎていき、しょうがないので諦めました(涙)。電話番号は知っていましたが、レッスン中に電話して中断させるのも申し訳ないなと思って、かけませんでした。


あぁ幻のエディンバラサルサ。
はりきって「行く!」と言っておいたのに、悪いことしたなぁ。

2012年4月 2日 (月)

通りすがりのスコットランドサルサ

今年の旅行先はUKでした。

イギリス、ではなく、UK。


United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland


だって、イギリスってイングランドのことですよね?
今回はイングランドだけではなくスコットランドにも行ったので、合わせてUK。

と思って念のためにウィキってみたら、


UK、通称イギリス


って書いてあった!
えーー!UK = イギリスなの?!

そうか、日本語だとそうなるのか、、、。
最近はサッカーのせいで(リーグとか代表とか)、UKを分割して考えるようになってしまっているので、今までの慣習をすっかり忘れてしまっていました。
ちなみに英語のウィキでは、「commonly known as the UK」となっています。


前フリがたいへん長くなってしまいましたが、そんなわけで、スコットランドのエディンバラに行ってきました。

そして、全くそんなつもりもなく、事前に調べてもいなかったのですが、街を歩いていたら偶然見つけてしまったこのポスター。

Img_edinburgh_salsa                                                     Wash Bar


こんなの見たら、無視するわけにはいきません。
もちろん行ってきましたよ。

観光客の私が偶然見つけただけあって、観光でエディンバラに行くなら誰もが絶対にうろうろするであろう場所のすぐ近くにあります。


楽しかったー。


ポスターにあるように、レッスンも受けてきました。一人旅行中って夜がヒマなので、ちょうどいいんです。サルサやっててよかったと思う瞬間。

先生がハイテンション。若い女性なんですが、マシンガントークなんです(笑)。この日がたまたまそうだったのか、生徒がみんなおとなしめだったので、余計に際立ってました。そういえば、この日の生徒は女性だけだったけど、男性ばかりの時もあるって言ってました。スコットランド、なんと贅沢な、、、。

基本キューバンっぽいんだけど、どのスタイルの人とも踊れるようにLAのクロス・ボディー・リードなんかもやりました。女性はどのスタイルの人に誘われるかわからないから特にスタイルは限定しないで、ラテンアメリカのサルサ、と説明していた気がします。


1時間くらいのレッスンで、それが終わったら1階のバーでフリータイム。

そんなに広くないところなんだけど、けっこうたくさん人がいました。中には全く踊らずに、友達と来て見てるだけとかお酒を飲むだけの人とか。

踊ってくれた男性は、キューバンが多かったと思います。そんなにクルクル回されなかったから。

Img_1098_r                                      岩山の上にそびえるエディンバラ城


ルエダもやりました!
やっぱりキューバン!

大人数でやったルエダでも、4人でやったルエダでも、名前が同じでもビミョーに違う技とか、名前は違ってもやってみたら、あーこれね、とわかるものばかりで、ほとんど大丈夫でした。

ルエダ、楽しい~。


そして、めっちゃうまい人を発見!

そして、いつものように、勇気がなくて声をかけられず、、、。


一人は、ルックスはなんだかK-Popアイドルのような人でした。
すらっと細身で(K-Popっぽい)、サラサラストレートの黒髪で(さらにK-Popっぽい)、そして切れ長の目で、顔が美しい(まさにK-Popっぽい)、、、。
K-Popアイドルと言ったら失礼かも。美しさもあんなにお子様な感じではなく、もっと落ち着いたオトナな感じ。

まぁ外見はさておき、サルサも優雅でリードがやさしそうでした(踊ってないですけどね)。


そしてもう一人。こっちはマジで、うまい!って感じです。
うまいと言うか、本物?
日本の ○asuji さんを連想してしまいました。いるんです、そういうスゴイ人が。グルーヴっていうのかな、体の動き方が似てました。
踊ったらものすごく気持ちよさそうです(踊ってないですけどね)。

いつかまたエディンバラに行くことがあったら、勇気を振り絞って声をかけてみます(笑)。



大きな地図で見る

● The Wash Bar
11-13 North Bank Street
The Mound
Edinburgh
(tel) 0131-225-6193
(info) infor@washbar.co.uk

2012年2月 7日 (火)

プレミアリーグの旅

2012年の私的目玉イベントは、イングランド旅行です!

イングランド自体や、旅行中の多くの時間を過ごすであろうロンドンはスペイン語とは全く関係ないんですけど。

でもサッカーつながりなので、旅行記もこのブログにアップしたいと思います。

だって、私が見に行くのは、


David Silva !!!


スペイン人だから、いいんです。

スペイン語とつながってます。

薄いつながり、、、。



航空券も取りました。
おかしいでしょ!とツッコミたくなるほど高い燃油サーチャージを呪いながら。

試合のチケットも取りました。
このために Blue Member になって。
念のため、追加オプションの Ticket Priority もつけました(シーズンも後半戦に入ったので半額になってました、ラッキー!)。


でも心配事が一つ。

ヨーロッパリーグに勝ち進むと、私が見に行く試合の翌週平日に試合が組まれることになるので、リーグ戦で主力が温存されるかもしれないこと。

せっかく見に行くのに温存なんて、いやー!!

じゃあそのELも見ればいいんじゃん?と思って調べてみたら、どうもその試合はアウェイになるようです。ちぇ。


席がまたすごいんですよ。

先行発売開始の時間は用事で外に出ていたので、急いで帰ってきてその2時間後くらいにアクセスしたのですが、メインスタンドの1階1列目の席が1つぽっかりと空いていたので、そこを取っちゃいました!

目線が低いので試合の展開はよくわからないかもしれないけど、気にしない。せっかく行くなら、なるべく選手に近いところで見たいです。声も聞こえそう。ゲームを俯瞰で見るのは、いつもテレビで見てるからいいんです。

でも、なんでここだけ空いてるの?と、ちょっと訝しんでるんですけど。

ダンナに、

いわくつきの不吉な席なんじゃないの?とか、

目の前にポールかなんかが立ってて見えないんじゃないの?とか言われました。

そんなバカな。

行ってみてのお楽しみです。



今回はイギリス英語を一つ。

プレミアチームのHPで試合のスケジュールを見ようとすると、Schedule というタブやアイコンが見つかりません。イギリス英語ではそれを、Fixtures というらしいのです。いくつかのチームのサイトを見てみましたが、みんな同じでした。

試しにアメリカのサッカーリーグ、MLSのサイトを見ると、やっぱり Schedule となっています。

ちなみにスペイン語では、Calendario です。

2011年6月12日 (日)

バルセロナで犯罪被害(未遂)事件

2月のバルセロナ旅行では、思いもかけないトラブルがありました。

しかも初日、空港からホテルへ向かう途中という、旅の始まりで。


旅行ガイドブックなんかによく「現地でよくある犯罪」みたいなページがあって、読者の体験記なんかも載っていますよね。まさに、あれに書いてあることが起こったんです!
あ、いえいえ、結局、金銭的・身体的な被害は何もなかったので大丈夫ですよ。

いったい、どんな感じだったのかというと、、、。



地下鉄を降りて、キャリーバッグをガラガラを引きながら一人ホテルに向かっていました。夜の8時前くらいでしょうか。冬だったのでもう暗いのですが、金曜日だったし、街にはまだまだ人が溢れて賑わっていました。

そしたら、後ろから声をかけてきた人が。

私が見るからに観光客でスペイン語が通じないと思ったのか、話すよりも身振り手振りがほとんどだった気がするのですが、なんか、顔をしかめながら私の背中の辺りを指差しています。なんだろうと思って見てみると、コートの背中部分にインクのようなものが!


キャーーーー!何これっ???!!!


と大声では叫びませんでしたが、、、。

一面にベッタリという感じではないんですが、濃いオレンジ色のものが黒いコートの背中から裾にかけて、キャリーバッグにも、点々とついています。
声をかけてきたおにいちゃんは、髪にもついてるよ、というジェスチャー。しかも、鼻をつまみながら、ちょっと臭うよ、みたいに。

マジで?!

と思いつつ、一瞬、これってもしかして、、、と疑念がわきましたが、こんな格好でホテルまで歩くのもなと思ってとりあえずその場でコートを脱ぎました。

キャリーバッグの他に、レスポのバッグを肩に斜めがけにして持っていたのですが、コートを脱ぐ時も手から離さず、キャリーバッグも視界の中に。無意識のうちに「海外旅行の危機管理モード」が働いていました。

おにいちゃんは、わらわらしているそんな私を尻目に、じゃあね、と立ち去っていきました。

ホテルがすぐ近くだったのはよかったです。
チェックインして部屋へ(フロントの人にクリーニングのサービスがあるか聞いたのですが、イマイチ英語が通じず。でもなさそうな感じだったので諦めました)。

コートをベッドに広げてみると、けっこう広範囲に付いてます(でも臭いはありません)。ペンキとかインクみたいなんですが、乾いて取れないということもなく、水にぬらしたタオルで拭くと、キャリーバッグの汚れはけっこう落ちました。コートの方は、表面のインクは取れてもシミになってる感じ。特に、水分が乾くとシミが際立って見えます。このままでは着られないなー。

そんなこんなで、後始末に1時間くらい費やしましたよ。
せっかく初日からサルサに行こうとしてたのにっ(怒)!!!
その後、根性で行きましたけどね。


私の日ごろの行いがいいのか、この週はたまたま暖かい日がずっと続いて、日中はコートなしでも大丈夫だったのはラッキーでした。毛糸編みのロングカーデガンとストールも持ってたし。
でもさすがに夜のサッカー観戦は上着なしではキビシイですよ。いっしょに見に行った友達が、私のために家からコートを持ってきてくれたので助かりました。



そんなこんなんで旅行も終わり、家に帰ってダンナにこの話をしました。そしたら、


「それってよく聞くヤツじゃん!」って。


やっぱり?!

そうかなーとは思ったんだけど、あのおにいちゃん、そんな強引な感じでもなかったし、近くに共犯っぽい人もいなかったし、なにより周りは普通に人がたくさん歩いてたんですよ。
ぶつかったフリをしてコーヒーをこぼすっていうならわかるけど、あんなインクみたいの、いつどうやって付けたの?摩訶不思議です。


ご存じない方のために解説。

こういうのは盗難の典型的なパターンだそうです。
わざと汚れをつけて、あたふたしてバッグを手から離した隙に持ち去る。
相手は一人の場合や、複数の場合があります。一人が声をかけて注意を引いている間に、もう一人が荷物を持っていく。

気をつけましょう!!


ちなみにそのコート、日本でクリーニングに出しました。
別料金で染み抜きコースもありますよと言われ、気に入っていたコートなのでしょうがなくそれでお願いしました。後日、引取りに行ったら、完全に取れなかったので染み抜き代金はいただきませんとのこと。

え?私には十分きれいになってるように見えます。どこが取れてないの?
ちょっと得した気分です。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2011年6月 3日 (金)

またしても、バルセロナでサルサ

すっかり忘れていた、二度目のバルセロナ旅行のサルサのこと。

もちろん、また行ってきました!
日数が少なかったこともあって、楽しいことが確実にわかっている前回と同じクラブです。別のクラブが数ブロック先にもあることがわかったので、次回はそちらにもトライしてみたいなー。

今回行ったのは、金曜日と日曜日。

土曜日は、サッカーを見た後に友達とお茶してたら遅くなってしまったので(だって試合開始が10時、、、)、やめておきました。でも後になって思えば、やっぱり遅くてもムリヤリ行けばよかった!なんか、私のバルセロナのサルサの思い出って、こんな後悔ばっかりです(涙)。

バルセロナに金曜日の夕方に着くフライトで、前回の経験からすると、8時前にはホテルに着けそう。そのあと軽く休憩・食事をしても、初日から十分踊れる!、、、と思っていたのですが、とんでもない突発事件が起こって、結局クラブに行ったのは10時過ぎだったかな。この事件についてはまた別の記事で書きます。

入ったら、なんとルエダをやっていました!

私もルエダに入りたかった~。その一曲は様子を見ていたら、それで終わっちゃったんです。輪が二重になっていました。カンタもふだん私が友達と踊ってるのとそんなに違わなさそうだったので、いきなり入っても踊れたんじゃないかなぁ。

前回来た時に踊ってくれた人を発見。今回も誘ってくれたんですが、私のことはすっかり忘れている模様。けっこう気に入ってくれてて何度も踊ってくれたのに、ラテンの男も意外と薄情なのね。
まぁ、東洋人の顔なんてみんな同じに見えるだろうから、しょうがないか。暗いしね。私でもきっと、半年以上前に踊った人なんて覚えてないな。

初日はさすがにちょっと疲れたので、12時くらいに帰りました。

次は日曜日。

衝撃だったのは、日曜日は11時ごろからだんだん人が少なくなり、12時過ぎにはフロアはガラガラの状態に。月曜からの仕事に備えてか、みんなサクサク帰ります。え~、スペイン人ってそんなにマジメなの?!

金曜日にもっと踊っておけばよかった~。

土曜日も試合で遅くなっても来ればよかった~。

バルセロナのサルサクラブは、木曜日から土曜日がピークです。これから行く方は、それに合わせて旅行の計画を立ててください(笑)。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2011年5月 6日 (金)

バルセロナで、バスク料理を食べながら、イタリア人と

2月の旅行記の続きです。

グルメ編、と言いたいところですが、今思い返すと、去年の6月ほどあちこち食べに行ってなかったんですよね。でも食べ物関係です。


前回の旅行記で書いた、オリーブ型のチョコレートはまた買ってきました!今回は食べる前に写真も撮りましたよ。

Img_0690

超カワイくないですか?!

普通の黒いのだけだったらわからないけど、グリーンのがあるのでオリーブを模してるのがわります(うちのダンナは全くわかってなかったですけど)。形もサイズもオリーブそのもの。


バルセロナの友達が、私が帰る前日にお餞別でくれたクッキーがこちら。TURRONです。

Img_0692
ちょっとわかりにくいですね。袋から出した写真も撮ればよかったです。

クリスマスに食べるスペインの伝統的なお菓子だそうです。そんな時期の食べ物なのに、2月でも売ってるんでしょうか?

ピーナツが甘くコーティング(ハチミツ?)してあって、それを卵白で作ったっぽい薄いサクサクでサンドしてあります。ピーナツがゴロゴロ入っているので、食べ応えバツグン。腹持ちもいいかも。思ったほど甘すぎず、紅茶派の私にはピッタリです。

箱には"TORRON"と書いてありますが、ネットで調べると"TURRON"で出てきます。もしかして"TORRON"はカタルーニャ語かな?箱の説明書きは、カスティジャーノとカタランの二ヶ国語(というのか?)表記になっています。

詳しい説明は以下のリンクでどうぞ。

ウィキペディア ← 残念ながら日本語はありません。英語はあります。

AB-ROAD ← バルセロナのスイーツガイド記事


あとは、前回とは別のピンチョスのバルへ行きました。ピンチョスは一人旅の食事には本当に重宝します。

Img_0656                      サングリアはないと言われたので、赤ワインで。

いつも思うけど、食べ物の写真って難しい、、、。どうやったら実物どおりにおいしそうに撮れるんだろう。今度カメラ好きの友達に聞いてみようっと。

Irati というお店です。いろんなサイトやブログで紹介されています。

入り口すぐはカウンターですが、奥にはテーブル席もあるようです。隣に居合わせた、イタリア人おじさんたちのグループが大盛り上がり。そんなテンションの上がったラテン人たちが、異国で女一人の東洋人に声をかけないわけがありません(ナンパじゃないですよ)。


キミ、どこから来たの?中国人?

日本だよ。

おおぉ~!
日本人だ、日本人。
オレ、オオサカに行ったことあるぜ!
キョートキョート!

日本のどこ?

東京だよ。

おおぉ~!!
トーキョートーキョー!!



こんな取りとめもない会話(英語)です。
この日は一人のおじさんの誕生日だったそうです。記念に一枚、パシャ。

Img_0657                         勝手にブログに載せちゃってゴメンね~。


やっぱり旅は楽しいです。
おいしいものをたくさん食べて、いろんな人との出会いがあります。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2011年3月27日 (日)

カンプ・ノウ ツアー

すごく間が開いてしまいましたが、やっとカンプ・ノウツアーの体験記です。


ツアーは、クラブの歴史が見られるミュージアム見学の後、実際にピッチまで行けることになっていますが、たまに何かのイベントで後者には行けないことがあるので気をつけてください。

(追記:ピッチの中には入れません。タッチラインの外です。)

正直な話、やはり「おおぉーー!!」と思ったのは後者なのですが、ミュージアムも負けず劣らずかなりスゴイです。何がスゴイかって、そのハイテクさ!壁の画面を触ると文字が写真になったり、写真が拡大されたり。まるで映画の「Minority Report」です。

Img_0600                             ハイテクパネル展示

ファンになって日の浅い私には正直ピンと来ませんでしたが、長年のバルサファンには懐かしいものばかりではないでしょうか。

Img_0601                         大好きなスペイン代表のパネル 

さてさて、いよいよピッチまで降りていきます。

うわー、ここで選手がプレーしてるんですねー。
バルサの選手、対戦チームの選手が目に浮かびます。

Img_0611                                         おなじみの"MÉS QUE UN CLUB"

カメラとiPhoneでバシバシ写真を撮ってしまいました。ピッチの芝生のどアップとか、コーナーとか。ここでシャビがコーナーキック蹴ってるんだ~と想像しながら。天気も良くてサイコー。iPhoneの待ち受けは画面は今、スタンドの写真です。

この後また展示コーナーがあるのですが、そこがまたまたスゴかった。
語彙が貧弱で、「スゴイ」の連発ですみません。

横にずらりと並ぶスクリーンで、チャンピオンズ・リーグ制覇の時の映像が流れます。そのころを知らない私でもなぜか感動するほどスゴイです。2.5通りくらい見てしまいました。
映像が動くので写真がボケてうまく取れなかったんですが、動画を取ればよかったんですよね。でもそれをブログにアップするのはやっぱりまずいのかなー。

Img_0574            関係者用地下駐車場出入り口付近にたむろする、選手の出待ちの人びと

書き忘れていましたが、ツアーの入場料は19ユーロです。私的にはあれで19ユーロはお買い得!次回、もう一回行ってもいいと思うくらいです。

Img_0626         駅に戻る時に、来た道とは別の道で帰ろうとしてたまたま通りかかったマシア

私は試合の当日は時間がなくて、翌日にこのツアーに行ったんですが、できればやっぱり試合の前にツアーに行った方が、気分が盛り上がるような気がします。


そうそう、試合当日は街中、バルサのユニフォームを着た人であふれていました。これだけでもテンション上がります。観光客なのか、地元住民なのか。まぁ、昼間からそれで出歩いている人は観光客かな。
そして、試合前の地下鉄の中や、最寄地下鉄からスタジアムまでの道のりは、バルサウエアを身にまとった人たちばかり。そんな人だかりに向けてカメラを向ける勇気はなかったので写真はありませんが、もしかしたらノリノリで撮らせてくれたかも?

試合の後ホテルに帰ったら、フロントの人が私のバルサマフラーを見て「They won?」と聞いてきたので、「Sí! Ganamos!!」と答えてエレベーターに乗り込みました。


サッカーに興味のない方も、バルセロナに行ったらぜひ、カンプ・ノウツアーとサッカー観戦をお楽しみください!

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2011年2月23日 (水)

カンプ・ノウ ツアー、、、の前にショップで買物

試合当日の昼間は、カンプ・ノウツアー&ショップで買物に出かけました。

が、この日はスタジアム内でカンファレンスがあるとのことで、ツアーは2時からと言われまてしまいました。友達と2時に待ち合わせをしていたので、ツアーは後回しにしてとりあえずショップへ。

ショップはデカかった、、、。
超満員です。レジにも数十分並びました。一日の売上はいくらだろう、、、?職業病のような疑問がわいてきます。話しかけた店員さんは、みんな英語が話せました。


Img_0624                  ずらりと並ぶ、ユニフォームを着たマネキン


自分用にビジャのユニフォームをゲット。ここで応援するとき以外は着る機会はないと思うんですが、現地で応援するからには着ないと!でも実際のところ、この季節ではユニフォームの上にコートを着るので(テレビで見ていると、上着を着ていない人もいますが、、、)、はっきり言って、ほとんど意味がありません。
でもいいんです!自己満足は重要です。

バルセロナの街の中にもバルサのオフィシャルショップはありますが、そういうところではないお土産屋さんでもバルサグッズはたくさん売られています。でも、よく見るとやっぱりニセモノなんですよ。

本物は、黄色い背番号の表面に模様が入っていますが、お土産屋さんの背番号にはそれはありません。どんな感じだったのかよく覚えていませんが、わざとらしいバルサマークがついていたりします。
まぁ、売ってるほうも買っていくほうも、本物かニセモノかなんて気にしていないんでしょうけど。

ダンナのお土産には、10番のユニフォームパンツ。
ホームのえんじ色のはきっと嫌がると思って、アウェイの紺色のものを。もう少し暖かくなったら、ジョギングに使ってもらいます。

アパレルコーナーにあったピンクのTシャツが、

超カワイイ!

表の「I」と「FC BARCELONA」の部分はラインストーンがキラキラです。背中側にはサッカーボールの絵があって、そこもキラキラストーンがついています。
これを着てサルサを踊りに行こうっと。でもなぜか、付いていたタグには「Real Madrid Style」というロゴが。なぜ、、、?


Img_0689                  メッシパンツを写真に入れるのを忘れました。 


この日の試合の対戦相手はアトレティコだったのですが、ショップの中に、なんとそのアトレティコのユニフォームを着たお客さんが!大丈夫?殺されるんじゃないの、、、?!と思ったけど、普通に買物してました。

バルサグッズもさることながら、実はもっとほしかったものがありました。それは、

スペイン国旗

国旗なんて日本でも買ったことないので、どこに売ってるのかなぁと思っていたら、ランブラス通りのお土産屋さんで発見!いろんなバージョンがあって、王冠の絵が真ん中にあるものとか、黒い牛の絵が入っているものとか。
私は正統派タイプのものを選びました。15ユーロ、けっこうするな、、、。

本物(?)の国旗はもっと高いはずです。ネットで探したことがありますが、同じくらいのサイズなら2万円はします。これは生地がペラペラで、向こうが透けて見えそうなくらいですが、No hay problema です。これでスペイン代表を応援します。

スーパーではバルサポテトチップスも売っていました(上の写真中央)。
「Patates Fregides」とカタルーニャ語らしき文字の下に、「Patatas Fritas」とお馴染みのスペイン語。

買物の話だけでこんなに引っ張ってしまったので、カンプ・ノウツアーのことは別の記事にします。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2011年2月20日 (日)

リーガ初観戦

行ってきました、カンプ・ノウ。

見てきました、バルセロナ戦。

感激です。

世の中には、長年のサッカーファンでもなかなか現地までは見に行けない方はたくさんいると思うので、サッカー観戦歴半年ごときの私が「感激」なんて言うのは大げさで失礼かなとも思うのですが、やっぱり感激です。

ちなみにカンプ・ノウ(Camp Nou)はカタルーニャ語で、「新しいグラウンド(フィールド)」という意味です。カスティジャーノだったらCampo Nuevoですね。


Img_0581
                                              試合前のCamp Nou


この週のスペインは全国的に暖かく、テレビニュースでも "primavera" と連呼していました。昼間はコートがいらないくらい暖かかったけど、さすがに夜は寒かったです。持って行ったカイロが活躍しました。

スペインにはカイロなんてものはないらしく、いっしょに試合を見に行ったスペイン人の友達が珍しがっていました。確かに、アメリカの寒い地域でも見たことありません。輸出したらいいのに。

チケットは、現地の友達にネットで取ってもらいました。試合の2ヶ月くらい前だったのですが、対戦相手がAtlético de Madridだったからかけっこうはけていて、最後列から数えて前に7列目くらいの席でした。「スタジアムの一番高いところ」と言ってもいいくらいです(笑)。でも行ってみたら、もう少し前の列が空いていたので、そこでずっと見ていました。


Img_0584
                     試合前の練習中。ほぼ満席です。 


この日のバルサは、怪我で欠場のプジョル以外はベストメンバー。対するアトレティコは、試合前の練習でフォルランいなくない?と思っていたら、絶不調のためかベンチスタートでした。
友達に、「アトレティコの選手はフォルランとアグエロとデ・ヘアしかわかんないな~」と言ったら、「ぼくより知ってる」と言われました。ホントに?

そうそう、この日のために双眼鏡を買っていったのですが、おススメですよ。選手が動くのでピント合わせに苦労しますが、まるでテレビのように近くに見えます。試合中ずっと使っているわけではありませんが、たまに覗くと、大きく見えて楽しいです。


Img_0588
             後半戦。より近くに!(それでも遠いけど、、、)              


先発選手の名前がアナウンスされるときには観客から掛け声があがります。もちろん私も参加。"David Villa!"のときにはさらに大声で(笑)。
イムノを一緒に歌いたかったけど、カスティージャ語ならまだしもカタルーニャ語なので、覚える余裕はありませんでした。最後の「バルサ!x3」だけ参加。

後ろの席にいたおじいさんは試合中ずーっと、ブツブツと選手に話しかけるようにしゃべって(応援して?)いました。"Apoyo Leo, apoyo Leo."とか、"Vamo Abi, Vamo Abi."とか。Abiはアビダルです。きっと、ずーっと昔、子供のころからのバルサファンなんでしょうね。

他にも近くに、おもしろ応援軍団がいました。10数人の男性グループで、歌を歌ったり掛け声をかけたり、大盛り上がり。おかげでこちらも盛り上がりました。写真(↓)の中央辺り、看板の右下にいるんだけど、わかるかなー。


Img_0585
                       ずっと立って応援していました。 


知らない間にどこからかウエーブが始まっていて、もちろんこれにも参加。3周もしました。9万人のウエーブは迫力です。9万人って、私の地元の市の人口より多いですよ。

この日の試合はメッシのハットトリックで勝利!カンプ・ノウはもちろん大歓声の渦です。

でも、私的にはちょっと消化不良というか、残念な気持ちが残る試合でした。それはビジャのゴールがなかったから、、、。シュートは何本もあったんです。メッシの3本目のゴールだって、元はビジャのシュート(しようとしたらデ・ヘアと接触)ですから、、、。まぁそんな私の都合ではゴールは決めてもらえませんでした。


Img7893
                          翌日の新聞はメッシ一色


2時間の試合はあっという間に終わってしまい、カンプ・ノウを後にしました。試合に勝って、生の選手・試合を見られて、応援するサポーターやスタジアムの雰囲気を感じられて、すっごく楽しかったです。

絶対にまた行きます!

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

PERFIL

  • ■名前■
    Timoです。よろしく。
  • ■好きなこと■
    のんびりスペイン語を勉強する。   楽しくキューバン・サルサを踊る。    熱くサッカーを見る。

LETRA

  • musica.comへ
    どんなジャンルもおまかせ
  • lyrics.timeへ
    歌詞だけじゃありません

LUGAR PARA ESTUDIAR

FÚTBOL

  • リーガ・エスパニョーラへ
    リーガ・エスパニョーラ
  • RFEFへ
    スペイン代表

  • 歯科医院向け開業税理士
    W杯ブラジル大会 カウントダウン
無料ブログはココログ