カテゴリー「グルメ・クッキング」の5件の記事

2011年9月19日 (月)

新宿の「El Flamenco」

友達に誘われて、新宿のEl Flamencoに行きました。

クチコミサイトで調べてみると、


料理イマイチだけど、フラメンコすごくいい


というコメント多し。

実際、その通りでした(笑)。

3,000円クーポンがあったのでちょっと大きく出て、ショーチャージ込みの8,000円のコースにしました。あの料理で4,500円は、普通だったらコテンパンに言われそうです。食事は別の場所でして、お安いタパスセットでショーも見られるので、そういう選択肢もアリかも。

でも、フラメンコはよかったです!

ま、私がフラメンコを生で見たのは過去にグラナダで一度しかないんですが、それと比べてガッカリ、なんてことは全然ありませんでした。むしろ、こっちの方がよかったかも。グラナダではちょっとハプニングがあったので、印象が割り引かれているのかもしれません(笑)。


ギターと、歌声と、踊りと、手拍子。


やっぱり情熱的。フラメンコを見て、「情熱的」と感じるのはなぜだろう?

あの歌声?ギターの音色?衣装?踊り手の表情や動き?

ステキでした。

今回は、踊り手の女性の靴にも注目してみました。フラメンコというと、つい女性のドレスに注目してしまうと思うのですが、実はシューズもいろんな色があってカワイイんです。

が、、、今回のショーではドレスが黒とベージュ系だったので、シューズもドレスに合わせてあって、カラフルなものではありませんでした。残念。でも、ストラップの付いたものだったり、足の甲まで覆ってあるものだったり、その違いは目撃できました。


それにしてもフラメンコの歌、全く聞き取れなかったな。
サルサの曲なら、ところどころの単語は聞き取れるのに、、、。

2011年9月 9日 (金)

パエリアのレシピ

夏休みに、パエリアを作ってみました。初めてです。

もう3年以上前から作ってみたくて、パエリアパンほしいなぁと思っていたのですが、結局、普通のフライパンを使いました。全く問題ありません!
取っ手がないほうが、パエリアの雰囲気が出ますけどね。


【材料】 

アサリ 200g        エビ 4尾         鶏もも肉 1枚 
玉ねぎ 1/4個       パプリカ 1/2個     ニンニク 1かけ
サフラン 一つまみ     白ワイン 大さじ2    オリーブオイル 大さじ3
チキンスープ 240cc   トマトソース 大さじ1   米 1合
イタリアンパセリ 適当   レモン 1/4個      塩・コショウ 適当


【作り方】

① アサリは砂出しをしておく。

② エビの背ワタをとり、鶏もも肉は一口大に切る。

③ 玉ねぎとニンニクはみじん切り、パプリカは1cm幅に切る。

④ サフランを白ワインに散らし、電子レンジで加熱して色出しする。

⑤ パエリアパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて熱し、鶏もも肉を炒め、玉ねぎを加える。米をふり入れ軽く炒め、パプリカ、エビを入れて炒める。

⑥ チキンスープ、トマトソース、塩、コショウを入れよく混ぜて、アサリを散らし、蓋またはアルミホイルでカバーする。

⑦ 強火で蒸気が出るまで熱し、弱火にして15分加熱。

⑧ 火を止めて10分蒸らす。

⑨ イタリアンパセリを散らし、レモンを添える。


【できあがり図】

Photo                           なんかゴージャスな感じ!


【感想・コツ】

ダンナと二人で、このパエリアとサラダでちょうどいいくらいの量でした。うちのダンナは小食なので。他にも一品料理がいくつかあれば、3~4人分くらいになると思います。

今度作るときには、工程の⑤で先にパプリカとエビを炒め、いったんフライパンから取り出してからニンニク、鶏もも肉、玉ねぎ、米を炒め、その上にパプリカとエビを乗せてみようと思います。
お米が入るとかき混ぜにくくなるし、出来上がった時にパプリカとエビは、お米と混ざっているよりも上にきれいに並んでいた方が見た目がきれいかもしれません。

弱火で加熱する時間は、残りの水分量によって調節してください。

イタリアンパセリは必須アイテム!
これがあるのとないのでは、見た目が全然違いますよ。うちはボンゴレパスタを作るときにも必ず使います。

見た目もゴージャス、味もおいしくできて、大満足でした。おもてなし料理にしたらインパクトあると思います。
今考えているのは、BBQなんかで外に持っていくにはどうしたらいいかなぁということ。フライパンごとは重くて持っていけないし。使い捨ての丸型アルミ皿なんかでも作れるかなぁ?


【オドロキの事実】

スペイン語の先生よると、スペインではなんと、パエリアにサフランを使わないんだそうです!えーーー!日本人は、パエリアといったらサフラン、サフランといったらパエリアじゃないですか?!

その理由は、、、サフランは高価だから、、、。

昔はサフランを使っていたと思われるのですが、現代では家庭でもレストランでも、パエリア用の着色料を使っているとのこと。

なんとなくガッカリな気分(笑)。

家庭でパエリアを作るのは、お父さんや男性の仕事なのだそうです。どこの国にもそういう料理ってあるんだなぁ。先生も作れると言っていました。

2011年7月19日 (火)

スペイン料理レストラン 「North Ship ばる」

荻窪のスペイン料理レストランに行きました。

お店の名前は「North Ship ばる」といって、全くスペインらしさを感じさせません。

この日はなでしこ決勝戦のため早起きし、食事のリズムが狂っていたので、午後4時から空いているこのお店がありがたかったです。5時に入店しました。

North_ship                           スペイン国旗が目立ちます

国旗がなかったら、看板の店名だけでは絶対にスペイン料理だなんてわかりません。

お店の内装はところどころになんとなく和の感じがするので、もとは和食のお店だったのかもしれません。こじんまりとしています。


しかしなんと、従業員の人たちがスペイン代表のユニフォームを着ています!


2010年仕様かな?アウェイの紺色のユニです。
ちゃんと胸に☆が一つ、ついていました。

気がつく人は気がつくだろうけど、気がつかない人にはまったく気づかれない、地味なこだわり!正直、私はダンナに言われるまで気がつきませんでした(笑)。
店長がサッカー好きなんだろうか?
背中部分には、お店の人の名前がカスタマイズでプリントされています。


まずは、前日のCopa Americaでアルゼンチンが敗退してしまったので、アルゼンチンワインで喪に服しました。

実は今までどのお店でも食べたことのなかった、パエリアを注文。
バレンシア風、魚介、とあともう一種類の3つの中から選べます。初心者なのでとりあえず、パエリア発祥地のバレンシアバージョンを。

North_ship_3                   ボリューム満点!奥にあるのはカラマリのフリッター 

男性にしては小食のダンナと、ダイエット中の私の二人で食べるにはちょっと多いかな。他にタパスを4品食べた後だったので、、、。きのこの風味がよく出ていていました。

他には、エビのアヒージョ、ローズマリーをまぶしたポテトフライ、タコのピリ辛マリネを食べましたが、どれもおいしかったです(メニューの名前は忘れました、スミマセン)。特に、タコのマリネがオススメです!

おいしかったし、営業時間も早くから遅くまでやっていて便利そうだし、感じもよかったし、また行くと思います。


North Ship ばる
東京都杉並区荻窪5-6-10 衣笠ビル1F
03-6383-5690
16:00 ~ 02:00 (L.O.01:30)
月曜定休日(月曜日祝日の場合は営業 火曜日に振替)

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2010年1月20日 (水)

キューバン・バー「La Gorda」

サルサ女友達と、六本木のキューバン・バーに行ってみました。

去年の10月か11月にオープンしたお店で、オープン直後よりもちょっと経ってからの方がいいよねと話していて、やっと行くことができました。

ミッドタウン近くの路地をちょっと入ったところにある、「La Gorda」というお店です。

平日だったからか、とても空いていました。っていうか、お客さんは私たち3人だけ、、、。大丈夫だろうか、このお店?

私以外はレッスン前に軽く食べていたので、今回はメインなものはオーダーしませんでした。あまりお店のレポートにはなっていませんね、、、。1Fがバーカウンターで、2Fがテーブル席です。2Fには大きな窓もあって、お店の雰囲気はまぁまぁです。

帰り際に、ラテン系らしきお店の人にサルサの話をしたら、「ほんと?じゃあ踊ろう!」ということになって、2Fのテーブルをがーっと壁際に寄せ、お店のBGMもサルサに。まじ?いいの?

1曲を3人で交代して踊ったので短かったけど、楽しかったー!!

まさかこんな所でサルサを踊ることになるとは。

でも私、前にもこの人と踊ったことがある気がします。なんか、このリードに踊り覚えが、、、。どこかのクラブで踊ったのかなー?本当にそうだったら、リードでそれがわかるなんて、私も成長したのか?

私たちが帰るころも、他にはお客さんが全くいませんでした。ホント、大丈夫かな、このお店、、、。潰れてほしくないので、もっと来てあげなきゃ!スペイン語も少し話す機会もあったし。

HPには夜の営業時間しか載っていませんが、最近ランチも始めたようなので、近くにお勤めの方は行ってみて下さい。

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ ← 応援クリック、ありがとうございます

2009年8月26日 (水)

ペルー料理レストラン

スペイン語レッスンのamigas、Mercedesちゃん(仮名)、Yolandaちゃん(仮名)と、ペルー料理のレストランへ行きました。

お店はメインの通りからちょっと奥にあって、こじんまりとしていて隠れ家的。Mercedesちゃんがここに一度来たことがあったので、彼女のオススメをオーダーしました。

Img_0190_r Img_0191_r Img_0192_r

(左) Cebiche Mixto: 「cebiche」は魚のマリネです。たっぷりのイカがさっぱりレモンで和えてあっておいしい!

(中) Yuquitas: 長芋のフライです。お芋は繊維がたっぷりで、サクサクしていました。

(右) Arroz con Pollo: ほんのりカレー風味?チキンにつけるスパイシーなソースがたまりません!「pollo」は私的には「ポジョ」と読んでしまうんですが、お店の人(日本人)は「ポヨ」と言っていました。ペルー発音?

お店でずっとかかっていた音楽がサルサで、この日、レッスン帰りだった私は踊りたくなってしまいました。ペルーでもサルサは人気なのか、単にオーナーの趣味なのか?

「女3人寄ればかしましい」を地でいくように、3時間以上もしゃべくってしまいました。レッスンで毎週会っていても、まとまった時間でおちついて話すことはあまりなかったので、二人の意外な面とか、今まで知らなかったお互いの歳とか(笑)を知って、楽しかったです。

ペルービールやカクテルも3人でガンガン飲んで、ペルー料理を満喫しました。他にもおいしそうなものがたくさんあったので、こんどはダンナを連れてきてあげようと思います。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

PERFIL

  • ■名前■
    Timoです。よろしく。
  • ■好きなこと■
    のんびりスペイン語を勉強する。   楽しくキューバン・サルサを踊る。    熱くサッカーを見る。

LETRA

  • musica.comへ
    どんなジャンルもおまかせ
  • lyrics.timeへ
    歌詞だけじゃありません

LUGAR PARA ESTUDIAR

FÚTBOL

  • リーガ・エスパニョーラへ
    リーガ・エスパニョーラ
  • RFEFへ
    スペイン代表

  • 歯科医院向け開業税理士
    W杯ブラジル大会 カウントダウン
無料ブログはココログ