« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月22日 (木)

Villaが、目の前で、ケガ、、、

行ってきました、FIFA Club World Cup 準決勝。
アルサッド対バルセロナ。

私のこの短いサッカー観戦歴の中でも、一番ショッキングな試合でした。


Villaが目の前で怪我するなんて、、、。


とあるサイトの先発予想にはVillaは入っていなくて、えー、と思ってたんですが、怪我するくらいなら準決勝は温存して決勝に出てくれたほうがよかった、、、。今回は見れなくても、怪我なく優勝を体験してほしかったです(涙)。


それを除けば、私の初めてのクラブワールドカップ、楽しめました。

試合は夜なのに、ダンナと二人で一日有給をとってお昼過ぎから横浜入り。


まずは、マリノスタウンに特設のバルサショップに行ったのですが、ものすごーい長蛇の列。特に買いたいものがあるわけでもなかったので、すごいなーと思いながら退散。


次は、横浜中華街で早めの夜ご飯。

事前にちゃんと調べてあった飲茶のお店で、菜香新館というところです。時間が早かったからか空いてました。飲茶もあっさりした味付けでおいしかった!

バルサショップは混んでたし、中華街だし(?)、なんちゃってバルサグッズを売ってるお店とかあるかと思ったら見かけませんでした(笑)。


お腹も満腹になって、いざ日産スタジアムへ!

駅からスタジアムの間には、チームのグッズを売る露天商がいっぱいいました。
サントスもあったけど、ほとんどバルセロナ。そして、売ってる人はスペイン人らしき人びと。どこから来たんだろう、あの人たち?そして、あのグッズは、本物?

Nissan_stadium1                  闇に浮かび上がるスタジアムのライト。テンション上昇中。


途中でユニフォームも着て準備万端!中にはヒートテック・ババシャツ&カイロも持って、寒さ対策も完璧!

席はけっこうよかったです。メインスタンドから向かって手前の左コーナーの1階席でした。だから、前半はバルセロナがこちら側ゴールに向かって攻めてくる感じ。


だから、Villaの負傷が目の前でした(涙)。

目の前で、担架で運ばれていきました(涙・涙)。

そのシーンを、隣の席のお兄ちゃんは写真に撮っていましたが、私は全くそんな気になれませんでした(涙・涙・涙)。

Img_0978                                         メッシのコーナーキック。ブレてますけど。


試合はご存知のとおり、バルセロナの快勝。いつもとはちょっと違う(笑)選手たちのゴールのオンパレード。

異様だったのが、スタンドは日本人ばっかりなので、いつもテレビで聞くようなチャントが全くなくてすっごく静か。プレーの合間合間には「お~!」とどよめきや感嘆の声は上がるのですが、鳴り物も歌声もないのは、サッカーの試合としてはとても奇妙な光景でした。

スペインでもこの静かな観客について記事になっていて、スペインの友達がfacebookにリンクを載せていました。辞書も引かずにざっと読んだだけですが、静かな日本のファンをちょっと皮肉ってる感じ?別のスペインの友達は、この記事はあんまり好きじゃない、とコメントしていました。

唯一、絶え間なく盛り上がっていたのは、やっぱりスペイン人らしき人たちのひと塊の集団。集団と言っても数十人くらいかな。私もあの人たちの近くがよかったです(笑)。

Img_0975                   寒いけどユニフォームでがんばる私。"David Villa 7"


来年も日本開催なので、バルセロナが出てくればまた見に行きます!
バルセロナじゃなかったら、、、レアル・マドリードでも、まぁ、見ようかな。チェルシーも見たい!アーセナルはビミョー。


¡¡Ánimo Villa!!

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

PERFIL

  • ■名前■
    Timoです。よろしく。
  • ■好きなこと■
    のんびりスペイン語を勉強する。   楽しくキューバン・サルサを踊る。    熱くサッカーを見る。

LETRA

  • musica.comへ
    どんなジャンルもおまかせ
  • lyrics.timeへ
    歌詞だけじゃありません

LUGAR PARA ESTUDIAR

FÚTBOL

  • リーガ・エスパニョーラへ
    リーガ・エスパニョーラ
  • RFEFへ
    スペイン代表

  • 歯科医院向け開業税理士
    W杯ブラジル大会 カウントダウン
無料ブログはココログ