« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月26日 (金)

ブラジル土産のポルトガル語

ダンナの海外出張(に別ルートで途中から合流した人の)お土産で、ブラジルのチョコレートとお酒をもらいました。

ポルトガル語ですよね?

Tablete de chocolate ao leite com pedaços de Castanha de caju

やっぱりちょっと、スペイン語と似ています。

Img_0526_r_3

こちらは(↓)、手のひらサイズの小さいボトルに入った透明なお酒。

Pronto para beber


は、まるっきりスペイン語のようだけど、、、スペイン語??
その上のGenuine Beveragesは英語だもんね。

Img_0529_r

裏の表記はこれ(↓)。

Img_0527_r
スペイン語と同じ単語もあれば、全くわからない単語も(私が知らないだけかも)。でもなんとな~く、言わんとしていることはわかる気がする。

ちなみに北米担当のダンナ本人からのお土産は、アバクロのパーカーでした。南米担当になればいいのになぁ。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2010年11月16日 (火)

名前の発音

スペインサッカーを見るようになってから、スペイン(語圏)人の名前の発音が気になっています。

スペイン語の発音が国や地域によって微妙に違うのはわかっているのですが、①それは違わないでしょ?という疑問と、②どっちかに統一しようよ、という文句です。

いくつか例を挙げてみます。


名前
                  見かける読み方

David VILLA         ビジャ、ビージャ、ビリャ
Ikers CASILLAS       カシージャス

* 同じ「LL」でも、カシージャスはどの媒体でもカシージャスなのに、ビジャはビリャの場合も。私の中ではVillaはビジャ。絶対、ビジャがいいって!


BOJAN Krkic         ボージャ
JUAN Manuel Mata      アン

* 「J」はスペイン語のどこに行っても同じ発音じゃないの?アンは正しいと思うけど、ボージャンは本当はボーハン?でももう、今さらボーハンとは呼べないよ。
 

XAVI Hernandez       シャビ、チャ
XAVI Alonso         シャ

* 上のXaviはチャビのときもあるのに、下のXaviはシャビとしか見たことがない。同じ名前なのになぜ、、、?チャビだとなんとなく、威厳がない気がするのは私だけ?

<追記>
Xavi Alonsoではなくて、Xabi Alonsoでした!こんなところにも違いが。 



SERGIO Ramos       セル
SERGI Busquets       セル

* Busquetsは、SERGIと書かれているものとSERGIOのときがあります。カタカナにすると、セルだったりセルオだったり。もしかすると、セルもあるかも。上の「J」の場合と同じく、「G」もどこでも同じでは?だったら下はセルだよね?
どうでもいいけど、個人的にセルヒオって名前は好きです。


機会があったら、レッスンの先生に聞いてみます。


余談ですが、2010年W杯のスペイン代表だった(あまり出番はありませんでしたが)Fernando Llorenteのフルネームは、Fernando Llorente Torres。そう、省略の仕方によっては、女性に大人気のFernando Torresと同じなんです。

そのFernando Torresのフルネームは、Fernando José Torres Sanz。前の二つがファーストネームです。

ファーストネームが二つあることは、全然珍しくないそうです。でもその順番・組み合わせは決まっていて、例えば、Fernando Joséはあっても、 José Fernandoというのはありえないそうです。ヘンなんだって、慣例的に。どうしてもJosé Fernandoにしたい!ということであれば、それがいけないわけではないんだけど、かなり変な感じらしい。

あと、日本の名前は男性・女性共通の名前がありますよね。例えば「かおる」とか。スペイン語の名前では、そういうのはないんだそうです。男の名前は男だけに、女の名前は女だけに。

けっこうおもしろいです、名前の話。


<追記>
Xaviの名前を連呼している動画を見つけました。Xavi HernandezもXavi Alonsoも、「チャビ」と言っています!!
5分すぎくらいからが、二人の名前が続くのでわかりやすいです。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2010年11月 9日 (火)

BCNでショッピング

未だしつこく書き続ける、バルセロナ旅行記。
でもそろそろ終わりです。今回は、たまたま見つけて気に入ったお店のご紹介です。


街中のいたるところにある服屋さん、DESIGUAL

本当に、いたるところにあります。ZARAよりも断然多いです。ヘタをすると、同じブロックの3軒先にもあったりします。ガイドブックにはMangoやZARAは載っているのに、どうしてここは載ってないんだろう?

カラフルでとってもかわいいです。日本で着たらかなりハデな部類に入ると思うので、キャミとかTシャツとかがいいかも。
私が行ったのは夏だったのでワンピースがほしかったんですが、残念ながらサイズがなくて買えませんでした。縫製は日本と比べると雑なので、ファスナーの部分なんかはちゃんと見たほうがいいです。

原宿で、ここのショッピングバッグを持っている二人連れを見かけました。日本にも進出してるのかと思って調べてみたら、沖縄にあるみたい。なぜ沖縄、、、?Yahoo!ショッピングなんかでも売られています。


次は、Caelumというカフェです。
お店のHPはイマイチ情報が少ないので、こちらのほうがいいかも。

De la Palla 8 08002 Barcelona
Tel: 93 3026993

私はカフェスペースには行かず(混んでたし、お腹もすいてなかったので)、お土産にチョコレートを買ってきました。

そのチョコ、見た目がオリーブの実みたいで超カワイイ。普通のチョコレート色のものと、オリーブグリーンのものが混ざって入っていて、形もサイズもちょうどオリーブ。もう食べてしまったので、写真がなくて残念です。かじると中は、チョコだけではなくキャンディー部分があって、すっごくおいしい!友達にも好評でした。15粒くらい入ってて5ユーロちょっとだったかな。

次回バルセロナに行ったら、絶対にまた買ってきます。
実は、街中で迷子になってウロウロしているときに見つけたお店なので、また行けるかどうか怪しいのですが(細い路地だった気がする)、Google Mapがあれば大丈夫でしょう。


最後はお店、、、、とはちょっと違うのですが、日本語OKのネットカフェ、Bornet Internet Caféです。

Barra de ferro, 3 08003 Barcelona
Tel: 93 2681507

どうしてここに入ったんだっけな、、、?「日本語OK」って書いてあったんだったかな?
まぁとにかく、帰りのフライトのチェックインをしたくてネットカフェを探していたら、ちょうどここを見つけました。

大きな地図で見る

あ、「日本語OK」というのは、日本語でネットができるってことです。お店の人に日本語は通じませんよ。でも英語は通じます。
店内の内装やデスクもこ洒落れていて、いわるゆ無機質な、怪しくて入りにくい雰囲気ののネットカフェとは全然違います。受付の女の子も感じよかったです。

グラナダ行き国内線のチェックインをする時に、BCNの友達といっしょに行ってもらったランブラス通りからちょっと奥に入ったところにあったネットカフェは、一人では絶対に入れません(笑)。


この旅行、買物はほとんどしなかったなぁ。もともと普段から私は、目的のないショッピングってあんまり好きじゃないんです。だれか友達といっしょの旅行だったら、つられていろいろ見に行ったり買ったりしたんでしょうが、一人だったのでそれもなく。

心残りは、帰りの空港でオリーブオイルを買いたかったのに、着いたのがギリギリで時間がなくて買えなかったこと。ダンナの実家へのお土産にスペインワインも買うつもりだったのに、しょうがなく乗り換えのパリで。スペイン旅行のお土産がフランスワインって、なんだかなー。

次回の目標は、再オリーブチョコとオリーブオイルです。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2010年11月 7日 (日)

WOWOW リーガ・エスパニョーラのオープニング

WOWOWで放送しているスペインサッカー、リーガ・エスパニョーラの試合番組のオープニングで、スペイン語のセリフが流れます。

それがなんて言っているのか、ずっとわからなくて、何度も何度も何度も聞きました。でも聞き取れないんです。

他にも同じ疑問を持ってる人はたくさんいるんじゃ?と思って、Yahoo!知恵袋で検索してみたけれど、そんな質問はなく(番組中に流れる曲についての質問はある)。どうして?みんな疑問に思わないの?自分で質問しても良かったんですが、なんとなくしていなくて。

シーズンも3ヶ月目に入って、もうどうしようもなくなって、スペイン語の先生に聞いてみました。DVDに撮った放送をデジカメ動画で録画して見てもらうという、まどろっこしい方法で。

このブログの中でも動画でお見せしたいんですが、勝手にやったら絶対に著作権に絡みそうなのでやめておきます。

で、なんて言っているのかというと、


Tiene que lograr la gloria por sí mismo.


最初の tiene que と por しか聞き取れていませんでした。lograr なんて単語知らないし。

por sí mismo は熟語で、「独力で」という意味です。字面からはそんな意味、全然イメージできませんけど。先生に、なんで?と聞いてみましたが、何でって言われても、、、と困っていました。まぁ困るでしょうね。

うーん、なるほど。
知ってみて聞いてみると、確かにそう聞こえます。
誰が考えたんでしょうかね、この文句。なかなかいいです。

やっぱり、単語を知っていないと聞き取れないですね。

あー、でもスッキリした!!


そう言えば、こんなことも。

試合の前には対戦するチーム名のナレーションが入るのですが(例えば、「バルセロナ・バレンシア」という感じで)、マラガ対セビージャの試合は「アンダルシア・ダービー」と呼ばれるもので、チーム名ではありませんでした。で、それが、

Derbi Andaluz

とナレーションが入り、画面を見ていなかった私は「は?!どことどこだって?」と、戻って見直してしまいました。だって、カタカナにしたら「デルビ・アンダルス」ですよ。字で見たらわかるけど、一度聞いただけでは全くわかりませんでした。


WOWOWのHPでたまにインタビューの動画も見ますが、いつもさっぱりわかりません。いつか、聞き取れる日がくることを願って、、、。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ <-- 応援クリック、ありがとうございます

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

PERFIL

  • ■名前■
    Timoです。よろしく。
  • ■好きなこと■
    のんびりスペイン語を勉強する。   楽しくキューバン・サルサを踊る。    熱くサッカーを見る。

LETRA

  • musica.comへ
    どんなジャンルもおまかせ
  • lyrics.timeへ
    歌詞だけじゃありません

LUGAR PARA ESTUDIAR

FÚTBOL

  • リーガ・エスパニョーラへ
    リーガ・エスパニョーラ
  • RFEFへ
    スペイン代表

  • 歯科医院向け開業税理士
    W杯ブラジル大会 カウントダウン
無料ブログはココログ