« 大好きな曲で、大好きなリードで | トップページ | スペイン人に教えた日本語 »

2010年4月11日 (日)

残念だね

レッスンで、悲しみ(pena, tristeza)表現を習いました。

今さらって気もしますが、今までなんとなく使っていたので、へー、という感じでした。英語では、シチュエーションの区別なく"I'm sorry."だと思うんですが。


Qué pena. - 出来事に対して同情する時

- Se ha muerto el gato de Juan.
- Qué pena.

フアンのネコが死んだ事実に対して、残念だったねと言っています。


Lo sineto. - 話している相手に対して同情する時

- Se ha muerto mi gato.
- Lo siento.

飼いネコが死んでしまって悲しんでいる話し手に対して、残念だったねと言っています。
"Qué pena. Lo siento."と、両方言うことも可能ですが、"Qué pena."だけだと冷たい感じがします。

ちなみに、自分に対して使うとき(「私ってかわいそう。」みたいな感じ?)には、"Qué pena."です。自分に対して同情する、というのは変なので。

使い方を間違えると冷たい人だと思われかねないので、注意が必要です。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

« 大好きな曲で、大好きなリードで | トップページ | スペイン人に教えた日本語 »

スペイン語の小ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残念だね:

« 大好きな曲で、大好きなリードで | トップページ | スペイン人に教えた日本語 »

PERFIL

  • ■名前■
    Timoです。よろしく。
  • ■好きなこと■
    のんびりスペイン語を勉強する。   楽しくキューバン・サルサを踊る。    熱くサッカーを見る。

LETRA

  • musica.comへ
    どんなジャンルもおまかせ
  • lyrics.timeへ
    歌詞だけじゃありません

LUGAR PARA ESTUDIAR

FÚTBOL

  • リーガ・エスパニョーラへ
    リーガ・エスパニョーラ
  • RFEFへ
    スペイン代表

  • 歯科医院向け開業税理士
    W杯ブラジル大会 カウントダウン
無料ブログはココログ