« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

「スペイン語の落とし穴」

いろんな人がブログで紹介している「スペイン語の落とし穴」、私も買ってみました。

スペイン語の落とし穴 スペイン語の落とし穴

著者:エミリオ ガジェゴ
販売元:白水社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実は私のスペイン語の先生も同じエミリオ。apellidoを知らないので、はじめ、「え!先生が書いたの?!」と思ってしまいました。

けっこう読み応えがあって、まだ最初の数十ページしか読んでいないのですが、単語や文法的なことの他にも、スペインの街の様子なんかの話題もあって楽しめます。例えば、「スペインに、日本のいわゆるコンビニはない」とか。

スペイン語はともかく、知らない日本語まで載っています。

ケーキやパンの話題のところで、「頭脳パン」というのがでてきたんです。


頭脳パン


なに、それ???

練習問題で、「頭脳パンは日本で昔から売っている菓子パンの一つです。」とあるのですが、私はそんなパン、聞いたことありません。ダンナも知りませんでした。地域限定?


この記事が今年最後のブログなりそうです。
来年も引き続きスペイン語を勉強して、サルサも踊って、楽しい年にしたいです。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2009年12月23日 (水)

ルエダ de 男子

ルエダって、もちろん男女のペアが基本なんだけど、パフォなんかだと女子だけのルエダもたまに見かけますよね。衣装もかわいいし、ダンスもとってもかわいいです。



反対に、男子だけのルエダって、どうなんでしょう?



一瞬、カッコよければいいんじゃないの?と思ったんですが、どうやら男子本人たちに言わせると「気持ち悪い」んだそうです。

うーん、たしかに、女の子が男っぽく踊るのはカッコいいかもしれないけど、男子が女っぽく踊るのはブキミ、、、。女っぽく踊らずに、全員が男っぽく踊るっていうのも、なんか違和感あるなー。

どうやらこの前、サルサ仲間男子の一人がクラブで「男子ルエダやろう!」と言い出したらしく、とっさに危機を感じたSergioくんはその場からさっと離れ、逃げ遅れた他の3人は男子4人ルエダに巻き込まれていたそうです。

Sergioくんは、男子ルエダなんて絶対に嫌だ!と言っていました。


「DameってもDameっても、ずっと男なんだよ!ありえないよ!!」と。


、、、そんなに嫌なんだ。相手は女の子がいいんだね、、、。

その4人のルエダ、犠牲になった3人は苦笑い気味でしょうがなさそうにしていたんだけれど、始めた本人は嬉々として楽しそうに踊っていたそうです。

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ ← 応援クリック、ありがとうございます

2009年12月20日 (日)

西検5級結果

10月の試験の結果が届きました。

今回も、A3サイズの大きめの封筒で。



受かってました。



、、、、やっぱり気分はビミョ~。

だって、


過去形も未来形もなかったから、、、、。


そりゃあもちろん、不合格よりはいいんですけど。まぁ、、、次は4級目指しますよ。でも接続法があるから、当分先の話だと思います。その前に、DELEもやってみようかな。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

2009年12月12日 (土)

バンボレオ ライブ2009

すでに2週間もたってしまいましたが、バンボレオのライブに行ってきました。村上龍 presents で毎年やっているみたいです。

バンボレオについては、日本語で解説のあるサイトが見つからないので、こちらの英語版でどうぞ。
今回のライブは、すでに脱退したボーカルのバニアがゲスト参加するというのが目玉でした。

基本サルサのライブなのですが、踊らない人(サルサ・ミュージック好き?)のために指定席コーナーもあるけれど、会場の中央、大部分はスタンディングです。もちろん私たちはスタンディング。サルサを聞いて、じっと座ってなんかいられません!

ライブ、よかったです~。

音楽的なことは全然わからないけれど、ライブはいいですね!生サルサ、ボーカルもコーラスもバンドもサイコーでした。

例年はバンボレオの出演だけらしいのですが、今年は日本サルサ界のダンサー・インストラクターたちのパフォーマンスもあって、それも楽しめました。サルサ・ミュージックももちろんいいけれど、やっぱりダンスもないとね!

その中に、夏の横浜であったサルサ・コンテストで優勝した子供ダンサーが登場!
うーん、妹ちゃん、まだ中学生のはずなのに、あの色気は何?夏からさらに磨きがかかっていました。私、断然負けてます、、、。

ダンスと言えば、会場の後ろの方に踊れるスペースがあると聞いていたのですが、超満員の中、私たちが陣取った場所から後ろに移動するのは難しかったので、結局、踊れませんでした(涙)。
それでも3組ほど、指定席の前の空いてるスペースでムリヤリ踊っていました。私も踊りたかったよ~。いっしょに行った男子、どうして誘ってくれないのか?!

ライブの後は頭の中がサルサになってしまって、踊らずには帰れない!という数人は、そのまま六本木のクラブへ直行。
今クラブに行ったら超混みだよね、という現実的な私たちは、また来たいね~とまったり話しながら帰りました。

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ ← 応援クリック、ありがとうございます

2009年12月 6日 (日)

Vamos A La Cama

スペイン語のレッスンで、こどもの歌の話になりました。

クラスメートのMercedesちゃんが、友達に教えてもらって知っていたスペインの歌がコレ。

すっごいかわいいです!
先生いわく、テレビアニメの歌で、番組の終わりにこれが流れて、「もう寝ましょう~」と子供に促しているんだそうです(スペイン語で説明を聞いたので、ビミョーに間違ってるかも)。スペインでは誰もが知ってる歌らしいです。

歌詞はこちら。

Vamos a la cama,
que hay que descansar
para que mañana
podamos madrugar

カラーの別バージョンもありました。埋め込みができないのでリンクでどうぞ。
再生回数はこちらの方がダントツに多いけど、私は上の白黒バージョンの方が好きです。

先生に、「日本のこどもの歌で何か知ってる?」と聞いてみたら、

「イト、、、イト、、、」

「、、、、。いーとーまきまき?」

「そう、それそれ!!」

「他には?」

「キ、、、キ、、、」

「、、、、。おーきな栗の木の下で?」

「そう、それそれ!!!」

「イト」と「キ」だけでわかるなんて、Mercedesちゃんと私ってすごい。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

PERFIL

  • ■名前■
    Timoです。よろしく。
  • ■好きなこと■
    のんびりスペイン語を勉強する。   楽しくキューバン・サルサを踊る。    熱くサッカーを見る。

LETRA

  • musica.comへ
    どんなジャンルもおまかせ
  • lyrics.timeへ
    歌詞だけじゃありません

LUGAR PARA ESTUDIAR

FÚTBOL

  • リーガ・エスパニョーラへ
    リーガ・エスパニョーラ
  • RFEFへ
    スペイン代表

  • 歯科医院向け開業税理士
    W杯ブラジル大会 カウントダウン
無料ブログはココログ