« ラディッシュ栽培 | トップページ | 育ちが悪い »

2008年6月13日 (金)

すれ違いリスニング en Japón

電車に乗っていたら、隣に立っていた黒人の男女二人がスペイン語らしき言葉を話していました。

正直、聞いてもスペイン語とポルトガル語の区別がつかないのですが、アフリカではスペイン語が第一言語のくにがいくつかあると思うので、勝手にスペイン語として耳をそばだてていました。日本で初のすれ違いリスニングです。

でも悲しいかな、聞き取れたのは「estación」と「pero」のみ。

たまたま私はNHKの「アンコール スペイン語講座」のテキストを読んでいたのですが、話しかけられはしなかったです、ハイ。

ダンナが通勤電車の中で、私も聞いている「まいにちスペイン語」のテキストを読んでいるおじさんを見かけたことがあると言っていました。私はそんな人、一度も見たことありません。見かけたら、話しかけてしまいそうです。

アフリカの国と言えば、テレビで赤道ギニアの大統領だか首相だかが演説しているのを見たことがあります。なんとなく聞いていたらスペイン語っぽかったので調べてみたら、やはり第一公用語はスペイン語でした。

ちなみに、第二公用語はフランス語、第三がポルトガル語です。3つとも話せる人って、どれくらいの割合でいるのかしら?それにしても国名に「赤道」がつくって、なんかすごい、、、。「ギニア」という国は別にあって、こちらはフランス語圏です。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

« ラディッシュ栽培 | トップページ | 育ちが悪い »

できごと・ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

電車の中でスペイン語のテキストを読んでいたら、日系ペルー人に話しかけられたことがあります。
でも、結局日本語で話してしまったので、スペイン語は話しませんでした
私もスペイン語の会話が聞こえてくるとつい耳をそばだててしまいます

マリさん、こんにちは!
東京では中南米系の人たちをもっと見かけると思ってたんですが、今のところ意外とそうでもないです。

マリさんなら、急に話しかけられてもスペイン語で会話が続きそうじゃないですか?私だったらたぶん、パニクって英語がでてきそうです。

おじゃまします。スペイン語の文法を調べてて流れてきました。
なんか文章がおもしろ可笑しいですね。

ポルトガルとスペイン語は、パキパキした発音だったらポルトガルですね。スペイン語だとチャ、チュ、チョがあるけど、ポルトガル語だとシャ、シュ、ショと発音する。
チョコレートのchocorateはどっちも同じ形ですが、スペ→チョコラテ、ポル→ショコラチと発音する。

スペイン語のperoはbutの意味で、peloは髪です。RとLの苦手な日本人には聞き取りにくいですね。はい私のことです。

ちなみにポルトガル語にもpeloという言葉があります。これはpor oつまり英語の意味でのby the(for the)が合体した形です。ついでにrがlに変化します。ミスじゃないです。

ネイティブの会話は早いので無理もないです。
逆に、あっちの人らにとっては日本人は早口に聞こえるらしいです。

茄子さん、こんにちは。
茄子さんはポルトガル語とスペイン語ができるんですね?混乱しませんか?
ポルトガルに行ったことがあるのですが、そのときはスペイン語を知らなかったので、違いを観察することができませんでした。パキパキ系なんですね。ポルトガルは料理がおいしかったのでまた行ってみたいです。

Timoさんこんばんわ。
いえいえ。スペイン語の方を最初習ってて、ポルトガルもその勢いでやろうとしたんですが、ポル語ではしゃべったことないですね。活用も忘れ、単語も増やしてません。中途半端です。西語もかなり怪しいです。

自分のスペイン語は中南米式で、2人称複数形は聞いたことも使ったこともないですw
vosotrosもvuestroも。
英語のyouと同じく、中南米のusted(es)には敬称と卑称両方で使いますね。スペインではvosotrosとの使い分け。

アルゼンチンのスペイン語は壊れてて入門者には不適切といわれてます。発音も変わってます。
発音はペルーが一番綺麗で、次点でメキシコというのを聞いたことあります。確かに、アルゼンチン人やチリ人の発音を聞いた後に、メキシコ人の会話を耳にするととても聞き取りやすいですね(単語を抽出しやすい)。

茄子さん、こんにちは!
私は最初、スペイン語とポルトガル語はかなり似ているものだと思っていたんですが、最近は、全然違うと思うようになりました。短い自己紹介のような文でも、ポルトガル語だと何が書いてあるのかさっぱりわかりません。

私もどちらかというと中南米のスペイン語に興味があるんです。旅行で先に行きそうなのはスペインですけど。同じなようで地域によって違うスペイン語、奥が深いですね~。

はじめまして。偶然だとは思いますが、アルゼンチンの発音はブラジルポルトガル語といくつか共通してます。アルゼンチンではllとyは「シャ行」で発音することがあります。たとえば「呼ぶ」はスペイン語でllamar、ポルトガル語ではchamarなので、アルゼンチンなまりだとポルトガル語とほとんど同じように「シャマール」と発音します。

グリムさん、初めまして、こんにちは。
llとyが「シャ」になるとは聞いたことがありますが、「ジャ」で覚えてしまっていると、慣れるのに苦労しそうですね。ポルトガル語のchaは「チャ」じゃないんだ、、、。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すれ違いリスニング en Japón:

« ラディッシュ栽培 | トップページ | 育ちが悪い »

PERFIL

  • ■名前■
    Timoです。よろしく。
  • ■好きなこと■
    のんびりスペイン語を勉強する。   楽しくキューバン・サルサを踊る。    熱くサッカーを見る。

LETRA

  • musica.comへ
    どんなジャンルもおまかせ
  • lyrics.timeへ
    歌詞だけじゃありません

LUGAR PARA ESTUDIAR

FÚTBOL

  • リーガ・エスパニョーラへ
    リーガ・エスパニョーラ
  • RFEFへ
    スペイン代表

  • 歯科医院向け開業税理士
    W杯ブラジル大会 カウントダウン
無料ブログはココログ