« 英語脳からの脱出 | トップページ | 日本に帰国 »

2008年4月15日 (火)

引越し屋さんはトリリンガル

帰国の船便荷物の引取りがありました。ヤ○トさんにお願いしたのですが、こういう引越業務なんかにはたいていメキシコ系の人たちが混ざっています。

もしかしたらメキシコ以外の中南米の人なのかもしれませんが、見ただけでは区別がつかないので、勝手に「メキシコ人」と思っています。ちょっと失礼ですが、東洋人だって見た目は中国人か韓国人か日本人かわからないと思うので、お互い様です。

今日も、日本人2人、メキシコ人2人のチームでやって来ました。

ところが、この2人のうちの一人はなんと、日本語を話すのです!アパートに入ってきて、「よろしくお願いしまーす」と言われました。カタカナで書くような「ヨロシクオネガイシマース」ではなくて、フツーの日本語です。作業中も、仲間に「それ、こっちにちょうだい」とか「あ、これ5番なの?」とか話しかけていました。対照的に、日本人2人の英語は怪しかったです。

傘が割れている電気スタンドがあって、「すいません、これ、イカレちゃってるんで」と言われました。荷物に保険をかけるので、これはもともと壊れてますよ、という意味です。「イカレてる」なんて、私がスペイン語で使えるようになるのはいつのことでしょう、、、。

彼らが作業中は私はすることがなく、邪魔にならないようにベッドのうえでNHKテキストを読んでいました。本当はスペイン語で話しかけてみたかったのですが、みなさんテキパキと忙しそうにしていて、ムダ口を話す雰囲気は全くありませんでした。ちぇ。

引越する時はどこにいてもいつも思うのですが、みんな本当に働き者です。若いのに礼儀正しいし、元気だし、仕事は早くて丁寧だし、見ていて気持ちがいいです。

NYで買ったソファも船で持って行きます。日本の住宅に入るかどうかが心配です。

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ ← 応援クリック、ありがとうございます

« 英語脳からの脱出 | トップページ | 日本に帰国 »

できごと・ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引越し屋さんはトリリンガル:

« 英語脳からの脱出 | トップページ | 日本に帰国 »

PERFIL

  • ■名前■
    Timoです。よろしく。
  • ■好きなこと■
    のんびりスペイン語を勉強する。   楽しくキューバン・サルサを踊る。    熱くサッカーを見る。

LETRA

  • musica.comへ
    どんなジャンルもおまかせ
  • lyrics.timeへ
    歌詞だけじゃありません

LUGAR PARA ESTUDIAR

FÚTBOL

  • リーガ・エスパニョーラへ
    リーガ・エスパニョーラ
  • RFEFへ
    スペイン代表

  • 歯科医院向け開業税理士
    W杯ブラジル大会 カウントダウン
無料ブログはココログ